一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)成人における現在の喫煙率 ― アメリカ、2005~・・・

MMWR抄訳

rss

2015/11/13Vol. 64 / No. 44

MMWR64(44):1233-1240
Current Cigarette Smoking Among Adults — United States, 2005–2014

成人における現在の喫煙率 ― アメリカ、2005~2014年

アメリカにおいて、喫煙は予防可能な疾病の罹患および死亡原因の第1位であり、年間に約48万人の早死と3,000億ドル以上の直接的医療関連コストおよび生産性の損失をもたらしている。CDCは、National Health Interview Surveyの2014年のデータから、18歳以上の成人における最新の喫煙率を分析した。成人における現在喫煙者(生涯に100本以上喫煙し、現在毎日または時々喫煙)の割合は、2005年の20.9%(4,510万人)から2014年の16.8%(4,000万人)へ、19.8%の有意な低下を示した。2014年の喫煙率は、2013年に比べて有意に低下しており(16.8% vs 17.8%)、男性が女性より高く(18.8% vs 14.8%)、年齢別では25~44歳が最も高く(20.0%)、65歳以上で最も低かった(8.5%)。人種/民族別ではアメリカインディアン/アラスカ先住民(29.2%)が最も高く、アジア系(9.5%)で最も低かった。地域別では中西部(20.7%)が高く、西部(13.1%)で低かった。また、連邦貧困レベル未満で暮らす人(26.3%)は貧困レベル以上の人(15.2%)よりも高く、障害や活動制限を有する人(21.9%)は制限のない人(16.1%)よりも高かった。同性愛者・両性愛者(23.9%)は異性愛者(16.6%)より高かった。医療保険別では、メディケイドのみ加入者(29.1%)が最も高く、無保険者(27.9%)は民間医療保険(12.9%)やメディケアのみ(12.5%)加入者よりも高かった。2005~2014年にかけて、毎日喫煙者数は3,640万人(全喫煙者の80.8%)から3,070万人(同76.8%)に減少した。毎日喫煙者におけるたばこの平均喫煙本数/日は16.7本から13.8本に減少し、20~29本/日(34.9%から27.4%)および30本以上/日(12.7%から6.9%)の割合も低下した。Health People 2020は成人の喫煙率の目標値を12%以下としており、有効性が証明されている集団ベースの介入の継続が重要である。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>.
  • Agaku IT, King BA, Husten CG, et al. Tobacco product use among adults—United States, 2012–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:542–7.
  • Arrazola RA, Singh T, Corey CG, et al. Tobacco use among middle and high school students—United States, 2011–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:381–5.
  • Schoenborn C, Gindi RM. Electronic cigarette use among adults: United States, 2014. NCHS data brief no. 217. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db217.pdf>.
  • Jamal A, Agaku IT, O’Connor E, King BA, Kenemer JB, Neff L. Current cigarette smoking among adults—United States, 2005–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1108–12.
  • Siahpush M, McNeill A, Hammond D, Fong GT. Socioeconomic and country variations in knowledge of health risks of tobacco smoking and toxic constituents of smoke: results from the 2002 International Tobacco Control (ITC) Four Country Survey. Tob Control 2006;15(Suppl 3):iii65–70.
  • McAfee T, Babb S, McNabb S, Fiore MC. Helping smokers quit—opportunities created by the Affordable Care Act. N Engl J Med 2015;372:5–7.
  • Borrelli B, Busch AM, Trotter DR. Methods used to quit smoking by people with physical disabilities. Rehabil Psychol 2013;58:117–23.
  • Singleterry J, Jump Z, DiGiulio A, et al. State Medicaid coverage for tobacco cessation treatments and barriers to coverage—United States, 2014–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1194–9.
  • Caraballo RS, Giovino GA, Pechacek TF, Mowery PD. Factors associated with discrepancies between self-reports on cigarette smoking and measured serum cotinine levels among persons aged 17 years or older: Third National Health and Nutrition Examination Survey, 1988–1994. Am J Epidemiol 2001;153:807–14.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ