一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)妊娠中の体重増加 ― アメリカ、2012および20・・・

MMWR抄訳

rss

2015/11/06Vol. 64 / No. 43

MMWR64(43):1215-1220
Gestational Weight Gain — United States, 2012 and 2013

妊娠中の体重増加 ― アメリカ、2012および2013年

妊娠中の体重増加は妊娠性体重増加(GWG)として知られ、母体および胎児の健康に大きな影響を与える。妊娠前のBMIは標準体重未満(BMI<18.5)、標準体重(BMI=18.5~24.9)、体重過多(BMI=25.0~29.9)、肥満(BMI≧30.0)に分けられ、Institute of MedicineはこのBMIを基準とした適切なGWGを推奨している(標準体重未満:28~40ポンド、標準体重:25~35ポンド、体重過多:15~25ポンド、肥満:11~20ポンド)。今回、CDCは2013年に妊娠満期(37~41週)にて単児出産した女性(2003年に改正された出生証明書を使用する国内41州、NYC、DC)の出産データ、および改正された出生証明書をまだ採用していない5州(アーカンソー州、ハワイ州、メーン州、ニュージャージー州、ロードアイランド州)の2012年のPregnancy Risk Assessment Monitoring Systemのデータを分析し、適切なGWGの達成率について分析した。その結果、全体では32.1%(アラスカ州:26.2%~ニュージャージー州:39.0%)が適切なGWGの範囲内に達し、20.4%(ロードアイランド州:12.6%~ジョージア州:25.5%)は不十分、47.5%(ニュージャージー州:38.2%~ミズーリ州:54.7%)は適切な範囲を超えていた。妊娠前BMIが標準体重未満の女性では32.2%が不十分、23.5%が適切な範囲を超えており、標準体重の女性はそれぞれ23.6%、37.6%、体重過多の女性はそれぞれ12.6%、61.6%、肥満の女性ではそれぞれ20.6%、55.8%であり、体重過多および肥満の女性はいずれの州においても適切なGWGの範囲を超える女性がもっとも多く認められた。適切なGWGを保つためにはカロリー制限、身体活動、体重の自己モニタリング、頻繁な医療機関の受診などを組み合わせた効率的な介入が必要であることが示唆される。

References

  • Rasmussen KM, Yaktine AL, editors. Weight gain during pregnancy: reexamining the guidelines. Washington, DC: The National Academies Press; 2009.
  • Deputy NP, Sharma AJ, Kim SY, Hinkle SN. Prevalence and characteristics associated with gestational weight gain adequacy. Obstet Gynecol 2015;125:773–81.
  • Johnson JL, Farr SL, Dietz PM, Sharma AJ, Barfield WD, Robbins CL. Trends in gestational weight gain: the Pregnancy Risk Assessment Monitoring System, 2000–2009. Am J Obstet Gynecol 2015;212:806.e1–8.
  • American College of Obstetricians and Gynecologists. ACOG Committee opinion no. 548: weight gain during pregnancy. Obstet Gynecol 2013;121:210–2.
  • Phelan S, Jankovitz K, Hagobian T, Abrams B. Reducing excessive gestational weight gain: lessons from the weight control literature and avenues for future research. Womens Health (Lond Engl) 2011;7:641–61.
  • Muktabhant B, Lawrie TA, Lumbiganon P, Laopaiboon M. Diet or exercise, or both, for preventing excessive weight gain in pregnancy. Cochrane Database Syst Rev 2015;6:CD007145.
  • US Department of Health and Human Services. 2008 physical activity guidelines for Americans. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2008. Available at <http://health.gov/paguidelines/pdf/paguide.pdf>.
  • Knabl J, Riedel C, Gmach J, et al. Prediction of excessive gestational weight gain from week-specific cutoff values: a cohort study. J Perinatol 2014;34:351–6.
  • Kraschnewski JL, Chuang CH. “Eating for two”: excessive gestational weight gain and the need to change social norms. Womens Health Issues 2014;24:e257–9.
  • American College of Obstetricians and Gynecologists. ACOG committee opinion no. 267: exercise during pregnancy and the postpartum period. Obstet Gynecol 2002;99:171–3.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ