一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)6~17歳の小児および思春期齢におけるてんかん発作・・・

MMWR抄訳

rss

2015/11/06Vol. 64 / No. 43

MMWR64(43):1209-1214
Seizures in Children and Adolescents Aged 6–17 Years — United States, 2010–2014

6~17歳の小児および思春期齢におけるてんかん発作 ― アメリカ、2010~2014年

2010~2014年のNational Health Interview Surveyのデータより、6~17歳の小児および思春期齢におけるてんかん発作について分析した。この期間、過去12カ月以内にてんかん発作を来した小児および思春期齢の症例は0.7%(加重全国推定値=336,000例)であり、発作例は非発作例に比し、貧困/低所得世帯者では多く (41.6%、非発作例:28.6%)、母親または父親が学位取得者である世帯(母親:20.4%、父親:22.4%、非発作例ではそれぞれ30.6%、34.0%)、核家族では少なかった(30.3%、非発作例:41.9%)。また、発作例の親は、次の収入前に食料がなくなる心配がある、または収入が多くならないと食料がもたないと答える人が多かった(それぞれ34.5%、30.9%、非発作例では22.9%、19.2%)。発作例は学習障害、知的障害、その他の発達障害および注意欠陥多動性障害/注意欠陥性障害を併発する症例がそれぞれ43.7%、22.9%、32.3%、19.3%と多く(非発作例はそれぞれ8.2%、1.0%、4.3%、10.3%)、発作例の親は頭痛/偏頭痛、花粉症、吃音障害/吃音症が多かった(それぞれ23.7%、19.0%、11.3%、非発作例:7.0%、11.2%、1.6%)。さらに発作例は這う、歩く、走る、遊ぶ能力を制限する障害または健康上の問題がある症例が多く(23.7%、非発作例:1.9%)、障害または健康上の問題のため特別な装置を必要とし(21.4%、非発作例:1.1%)、3カ月以上処方薬を服用していた(68.7%、非発作例:15.6%)。また、発作例は医療機関の受診が遅れ、専門外の医師を受診する人が多かったが、34.4%は過去12カ月間に専門医を受診していなかった。救急外来を受診した発作例は41.0%であり(非発作例:15.4%)、また、41.9%が12カ月間に学校を6日以上欠席していた(非発作例:14.3%)。公衆衛生関連機関は小児のてんかん発作に関し、そのリスク因子、社会人口統計学的特徴と発症との関連性について認識を広め、臨床的および地域的医療提供者との繋がりを保証すべきと考える。

References

  • Martin ET, Kerin T, Christakis DA, et al. Redefining outcome of first seizures by acute illness. Pediatrics 2010;126:e1477–84.
  • Fox CK, Glass HC, Sidney S, Lowenstein DH, Fullerton HJ. Acute seizures predict epilepsy after childhood stroke. Ann Neurol 2013;74:249–56.
  • Yeargin-Allsopp M, Boyle C, van Naarden-Braun K, Trevathan E. The epidemiology of developmental disabilities. In: Accardo PJ, ed. Capute and Accardo’s neurodevelopmental disabilities in infancy and childhood. Baltimore, MD: Paul H. Brookes Publishing Co; 2008:61–104.
  • Austin JK, Perkins SM, Johnson CS, et al. Behavior problems in children at time of first recognized seizure and changes over the following 3 years. Epilepsy Behav 2011;21:373–81.
  • Hesdorffer DC, Crandall LA, Friedman D, Devinsky O. Sudden unexplained death in childhood: A comparison of cases with and without a febrile seizure history. Epilepsia 2015;56:1294–300.
  • Fastenau PS, Johnson CS, Perkins SM, et al. Neuropsychological status at seizure onset in children: risk factors for early cognitive deficits. Neurology 2009;73:526–34.
  • Vestergaard M, Christensen J. Register-based studies on febrile seizures in Denmark. Brain Dev 2009;31:372–7.
  • Stafstrom CE, Benke TA. Autism and epilepsy: exploring the relationship using experimental models. Epilepsy Curr 2015;15:206–10.
  • Kenney MK, Mann M. Assessing systems of care for US children and adolescents with epilepsy/seizure disorder. Epilepsy Res Treat 2013;2013:825824.
  • Council on Children with Disabilities and Medical Home Implementation Project Advisory Committee, 2014. Patient- and family-centered care coordination: a framework for integrating care for children and youth across multiple systems. Pediatrics 2014;133:e1451–60.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ