一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)禁煙治療に対する州のMedicaid補償範囲と補償・・・

MMWR抄訳

rss

2015/10/30Vol. 64 / No. 42

MMWR64(42):1194-1199
State Medicaid Coverage for Tobacco Cessation Treatments and Barriers to Coverage — United States, 2014–2015

禁煙治療に対する州のMedicaid補償範囲と補償への障壁 ― アメリカ、2014~2015年

アメリカでは、メディケア加入者の喫煙率(30.4%)は個人的な保険加入者(14.7%)の2倍となっており、喫煙に関連する疾患および死亡のリスクが増加している。現在、禁煙のためのエビデンスに基づいた有効な治療法としては、個人、グループ、電話でのカウンセリングおよびFDAに承認された7種類の薬剤があり、Healthy People 2020 の方針(TU-8)では、すべての州のMedicaid補償範囲にこれらの治療を総合的に採用するように要請している。2008~2014年の間に禁煙治療のMedicaid補償範囲は改善されてきたが、これまでのMMWRレポートは、大半の州で補償に限界があることを示している。禁煙治療に関する州のMedicaid補償範囲の最近の傾向を調査するために、American Lung Association は2014年1月31日~2015年6月30日の間の州のMedicaidプログラムにおいて、電話によるカウンセリングを除くすべてのエビデンスに基づいた治療の補償範囲および治療へのアクセスの障壁のデータを収集した。2015年6月現在、全てのMedicaid加入者に対して個人およびグループカウンセリングと7種類全てのFDA承認薬剤を補償するのは9つの州(コネチカット州、インディアナ州、メイン州、マサチューセッツ州、ミネソタ州、ノースダコタ州、オハイオ州、ペンシルバニア州、バーモント州)で、2014年の6州から増加した。しかし、これらの州においても自己負担金または事前の承認の必要性(それぞれ9州のうち7州)のような障壁が認められた。2015年6月30日現在、すべての集団およびプランに対して、個人カウンセリングが31州(2014年では27州)で、グループカウンセリングが10州(2014年では7州)で、全7種類のFDAにより承認された禁煙薬が30州(2014年では26州)で補償されている。主な治療への障壁は、事前の承認の必要性、期間の限定、禁煙の試みに対する年間の上限、必要となる自己負担金であった。Medicaidおよびその他の集団における過去のリサーチは、すべてのエビデンスに基づいた禁煙治療、治療へのアクセスに関する全ての障壁の除去、Medicaid 加入者および医療関係者への補償の促進、補償された治療の使用の監視により、州のMedicaidプログラムがMedicaid加入者間の喫煙率、喫煙に関連する死亡および医療費を削減することが可能であることを示している。

References

  • CDC. National Health Interview Survey: tables of summary health statistics. 2013. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/nhis/SHS_tables.htm>.
  • US Public Health Service. Treating tobacco use and dependence: 2008 update. Clinical practice guideline. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, US Public Health Service; 2008. Available at <http://www.ahrq.gov/professionals/clinicians-providers/guidelines-recommendations/tobacco/index.html>.
  • Singleterry J, Jump Z, Lancet E, Babb S, MacNeil A, Zhang L. State Medicaid coverage for tobacco cessation treatments and barriers to coverage—United States, 2008–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:264–9.
  • Greene J, Sacks RM, McMenamin SB. The impact of tobacco dependence treatment coverage and copayments in Medicaid. Am J Prev Med 2014;46:331–6.
  • Land T, Warner D, Paskowsky M, et al. Medicaid coverage for tobacco dependence treatments in Massachusetts and associated decreases in smoking prevalence. PLoS One 2010;5:e9770.
  • Land T, Rigotti NA, Levy DE, et al. A longitudinal study of Medicaid coverage for tobacco dependence treatments in Massachusetts and associated decreases in hospitalizations for cardiovascular disease. PLoS Med 2010;7:e1000375.
  • Richard P, West K, Ku L. The return on investment of a Medicaid tobacco cessation program in Massachusetts. PLoS One 2012;7:e29665.
  • McMenamin SB, Halpin HA, Ganiats TG. Medicaid coverage of tobacco-dependence treatment for pregnant women: impact of the Affordable Care Act. Am J Prev Med 2012;43:e27–9.
  • McAfee T, Babb S, McNabb S, Fiore MC. Helping smokers quit—opportunities created by the Affordable Care Act. N Engl J Med 2015;372:5–7.
  • Xu X, Bishop EE, Kennedy SM, Simpson SA, Pechacek TF. Annual healthcare spending attributable to cigarette smoking: an update. Am J Prev Med 2015;48:326–33.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ