一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)マネージドケアプラン加入女児におけるヒトパピローマ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/10/30Vol. 64 / No. 42

MMWR64(42):1185-1189
Human Papillomavirus Vaccination Coverage Among Female Adolescents in Managed Care Plans — United States, 2013

マネージドケアプラン加入女児におけるヒトパピローマウイルスワクチン接種率 ― アメリカ、2013年

ヒトパピローマウイルス(HPV)は最も一般的な性行為感染症であり、アメリカでは毎年約1,400万例の新規症例が診断される。ほとんどのHPV感染は無症状で一過性に経過するが、慢性HPV感染は、子宮頸、外陰部、膣、肛門、陰茎および口腔咽頭におけるがんの原因となる可能性があり、アメリカでは毎年、約27,000例のHPV関連がんが発生するとされる。HPVワクチンは、HPV関連がんの予防に有効であり、11~12歳における定期接種が推奨されている。CDCおよびNational Committee for Quality Assurance (NCQA)は、医療保険加入の小児におけるHPVワクチン接種状況について、2013年のHealthcare Effectiveness Data and Information Set (HEDIS)のデータを分析した。HEDISはNCQAにより開発された医療保険の評価システムであり、医療保険プランの3分の2がデータを報告し、マネージドケアプラン加入者の4分の3が含まれる。本評価では、民間医療保険およびメディケイド加入女児における推奨されるHPVワクチン3回接種の13歳までの接種率を評価した。2013年、民間医療保険(HMOおよびPPO) 367プラン、メディケイド(HMOのみ) 153プランが、13歳の加入女児計626,318名のHPVワクチン接種データをHEDISに報告した。民間医療保険加入者の接種率は、プランごとに接種率は異なるが総じて低く、中央値:12%、範囲:0.0~33.8%で、ばらつきは小さかった。メディケイド加入者の接種率は民間医療保険に比べて有意に高く、中央値:19%、範囲:4.7~52.3%で、ばらつきはやや大きかった。HHS地域区分ごとの接種率は、シカゴ、フィラデルフィア、サンフランシスコの各地区で高かった。HPVワクチン接種率の向上のためには、接種率の高い保険プランにおける支援策や接種の障壁について知る必要がある。HPV関連がんの低減のために、ウイルス暴露前の11~12歳におけるワクチン接種の促進が必要である。

References

  • Satterwhite CL, Torrone E, Meites E, et al. Sexually transmitted infections among US women and men: prevalence and incidence estimates, 2008. Sex Transm Dis 2013;40:187–93.
  • CDC. Number of HPV-attributable cancers per year. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/cancer/hpv/statistics/cases.htm>.
  • Markowitz LE, Dunne EF, Saraiya M, et al. Human papillomavirus vaccination: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2014;63(No. RR-5).
  • National Committee for Quality Assurance. Health insurance plan rankings 2013–14. Washington, DC: National Committee for Quality Assurance; 2014. Available at <http://www.ncqa.org/ReportCards/HealthPlans/HealthInsurancePlanRankings/HealthInsurancePlanRankings201314.aspx>.
  • Elam-Evans LD, Yankey D, Jeyarajah J, et al. National, regional, state, and selected local area vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:625–33.
  • Curtis CR, Dorell C, Yankey D, et al. National human papillomavirus vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—National Immunization Survey-Teen, United States, 2011. MMWR Surveill Summ 2014;63(Suppl 2):61–70.
  • Daley MF, Crane LA, Markowitz LE, et al. Human papillomavirus vaccination practices: a survey of US physicians 18 months after licensure. Pediatrics 2010;126:425–33.
  • Allison MA, Dunne EF, Markowitz LE, et al. HPV vaccination of boys in primary care practices. Acad Pediatr 2013;13:466–74.
  • Holman DM, Benard V, Roland KB, Watson M, Liddon N, Stokley S. Barriers to human papillomavirus vaccination among US adolescents: a systematic review of the literature. JAMA Pediatr 2014;168:76–82.
  • CDC. Recommendations on the use of quadrivalent human papillomavirus vaccine in males—Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1705–8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ