一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)ポリオの根絶へ向けた進展― アフガニスタン、201・・・

MMWR抄訳

rss

2015/10/23Vol. 64 / No. 41

MMWR64(41):1166-1170
Progress Toward Poliomyelitis Eradication — Afghanistan, January 2014–August 2015

ポリオの根絶へ向けた進展― アフガニスタン、2014年1月~2015年8月

近年の世界的なポリオ根絶への進歩にかかわらず、アフガニスタンとパキスタンでは野生型ポリオウイルス(WPV)の流行性伝播が続いている。ここでは20141月~20158月におけるアフガニスタンでのポリオ根絶活動とその進展について報告する。2014年、アフガニスタンにおける乳児の経口ポリオウイルス(OPV)3回接種(OPV3)率は75(2013年:70)OPV3回以上接種した623カ月児における非ポリオ急性弛緩性麻痺(NPAFP)の割合は64%であり、地域別では南部の紛争地域:24%、南東地域:50%、西部地域:63%、その他5地域: 70%超であった。この期間、5歳未満を対象とした戸別訪問による追加接種活動(SIAs)41[全国予防接種日(NIDs)7回、地域別予防接種日:6回、短期間の症例ごとの追加接種活動:28]実施された。さらに不活化ポリオウイルスワクチンによる接種活動が南部および東部のハイリスク地域にて行われた。アフガニスタンでは紛争および情勢不安定が続き、アクセスが制限される地域(南部、東部の一部および西部ファラー州)があり、2015年に実施されたNIDsにおいて5歳未満の幼児約900万人のうち13%が居住していたと推定され、また、南部地域でのSIAsではヘルマンドおよびカンダハール州にて地域の反政府勢力により接種活動が妨げられ、20155月および8月のNIDsでは、アクセス不可のためそれぞれ32%、14%の小児が接種を受けられなかった。急性弛緩性麻痺サーベイランスでは、2014年における15歳未満のNPAFP症例は10万人あたり12.6(地域別にて9.115.5)であり、便検体の回収率は92(8298)%であった。20139月から5つの州(南部のカンダハール州、ヘルマンド州、東部のナンガルハール州、クナル州、中央部のカブール州)にある13地域にて行われている汚水のサンプリングでは、20147月に初めて陽性の検体を認め、以後、25検体がWPV1陽性を示し、2014年は97検体中18検体(19)2015年は現時点にて93検体中7検体(8)が陽性であった。WPV症例数は2014年にて28(うちカンダハール州:13、北ワジリスタン地区:3)201518月にて9(西部ファラー州:4、東部ナンガルハール州:2)が報告され、計37例中26(70)36カ月未満の幼児であった。また、WPV3およびワクチン由来ポリオウイルスは検出されていない(それぞれ20104月、20133月以降)。アフガニスタンおよびパキスタンでのポリオ根絶のためには、予防接種およびサーベイランスの強化が必要であるが、現在は地域差があり、対策が急がれる。

References

  • Moturi EK, Porter KA, Wassilak SG, et al. Progress toward polio eradication—worldwide, 2013–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:468–72.
  • Hagan JE, Wassilak SG, Craig AS, et al. Progress toward polio eradication—worldwide, 2014–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:527–31.
  • Global Polio Eradication Initiative. Polio eradication and endgame strategic plan 2013–2018. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. Available at <http://www.polioeradication.org/resourcelibrary/strategyandwork.aspx>.
  • Porter KA, Diop OM, Burns CC, Tangermann RH, Wassilak SG. Tracking progress toward polio eradication—worldwide, 2013–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:415–20.
  • CDC. Progress toward poliomyelitis eradication—Afghanistan, January 2012–September 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:928–33.
  • Farag NH, Alexander J, Hadler S, et al. Progress toward poliomyelitis eradication—Afghanistan and Pakistan, January 2013–August 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:973–7.
  • World Health Organization. WHO vaccine-preventable diseases monitoring system: 2015 global summary. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. Available at <http://apps.who.int/immunization_monitoring/globalsummary>.
  • Global Polio Eradication Initiative. Assessing vaccination coverage levels using clustered lot quality assurance sampling. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://www.polioeradication.org/portals/0/document/research/opvdelivery/lqas.pdf>.
  • Simpson DM, Sadr-Azodi N, Mashal T, et al. Polio eradication initiative in Afghanistan, 1997–2013. J Infect Dis 2014;210(Suppl 1):S162–72.
  • Etsano A, Gunnala R, Shuaib F, et al. Progress toward poliomyelitis eradication—Nigeria, January 2014–July 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:878–82.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ