一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)実証プロジェクトにおける女子生徒間のヒト・パピロー・・・

MMWR抄訳

rss

2015/10/16Vol. 64 / No. 40

MMWR64(40):1147-1149
Human Papillomavirus Vaccination Coverage Among School Girls in a Demonstration Project — Botswana, 2013

実証プロジェクトにおける女子生徒間のヒト・パピローマウイルス予防接種 ― ボツワナ、2013年

ボツワナでは、ヒト・パピローマウイルス(HPV)が原因の子宮頸がんは女性でのがん死亡の主な原因である。全世界で、3つのワクチンが子宮頸がんの主な原因となるHPV型への感染を予防し、このうち2つは肛門性器疣贅の原因となる型も予防する。現在、WHOより2種類のワクチンが事前承認されている。これらのワクチンは、目標とするHPV型に感染前で、推奨された3回の予防接種を完遂した女性の臨床試験において、HPV16および18(子宮頸がんの70%の原因)が原因の前がん病変の予防において有効性が90%を超えた。WHOは、性活動前の9~13歳の女子をHPV予防接種の対象とすることを推奨している。2012年にボツワナの保健省(MOH)は子宮頸がん予防のためにNational Cervical Cancer Prevention Program Comprehensive Strategyを開始し、同年に子宮頸がんのスクリーニングおよび治療のために、Pink Ribbon Red Ribbon(PRRR)イニシアチブを実行した。PRRRおよびその他の資金提供者の支援により、ボツワナMOHは小学校において、学年に基づいたHPVワクチン接種の実証プロジェクトの実施を決定した。このプロジェクトは、首都から50kmの場所に位置する人口63,000人のモレポローレにおいて、2013年(1月~12月)に完了した。参加した23校の4~6年の女子2,742例が登録された。生年月日が記録された2,590例(94%)のうち、2013年3月の学校での初回の接種時に9歳以上であった2,488例(96%)を対象とした。これらの女子間では、初回の接種は83%(2,075例)、2回の接種は82%(2,049例)で受け、3回の接種を完了したのは79%(1,967例)であった。初回から3回目の接種間のドロップアウトは5%であった。ワクチン接種した女子生徒の割合は、年齢とともに上昇し、また公立校で私立校よりも増加した。このキャンペーンでは有害事象のための受動的サーベイランス(免疫後30日間)が設定されたが、重症の有害事象の報告はなかった。パイロット試験の成功を受けて、プロジェクトは2014年には女子6,000人に予防接種を実施し、その後、2015年にHPVワクチンの国家的な展開が実施される。

References

  • Bruni L, Barrionuevo-Rosas L, Albero G, et al. Human papillomavirus and related diseases in Botswana. Summary report 2015-03-20. Barcelona, Spain: Institut Català d’Oncologia Information Centre on HPV and Cancer; 2015. Available at <http://www.hpvcentre.net/statistics/reports/BWA.pdf>.
  • World Health Organization. Human papillomavirus vaccines: WHO position paper, October 2014. Wkly Epidemiol Rec 2014;89:465–91. Available at <http://www.who.int/immunization/diseases/hpv/wer8943.pdf>.
  • International Agency for Research on Cancer. GLOBOCAN 2012: estimated cancer incidence, mortality and prevalence worldwide in 2012. Lyon, France: International Agency for Research on Cancer, World Health Organization; 2012. Available at <http://globocan.iarc.fr>.
  • Schiller JT, Castellsagué X, Garland SM. A review of clinical trials of human papillomavirus prophylactic vaccines. Vaccine 2012;30(Suppl 5): F123–38.
  • Hariri S, Markowitz LE, Dunne EF, Unger ER. Population impact of HPV vaccines: summary of early evidence. J Adolesc Health 2013;53:679–82.
  • Watson-Jones D, Baisley K, Ponsiano R, et al. Human papillomavirus vaccination in Tanzanian schoolgirls: cluster-randomized trial comparing 2 vaccine-delivery strategies. J Infect Dis 2012;206:678–86.
  • Moodley I, Tathiah N, Mubaiwa V, Denny L. High uptake of Gardasil vaccine among 9–12-year-old schoolgirls participating in an HPV vaccination demonstration project in KwaZulu-Natal, South Africa. S Afr Med J 2013;103:318–21.
  • United Nations Educational, Scientific, and Cultural Organization (UNESCO) Institute for Statistics Education (UIS). MetaData: number of out-of-school children of primary school age. Montreal, Canada: UIS, UNESCO; 2015. Available at <http://data.uis.unesco.org/Index.aspx?queryid=121>.
  • World Health Organization. Considerations regarding consent in vaccinating children and adolescents between 6 and 17 years old. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. Available at <http://www.who.int/immunization/programmes_systems/policies_strategies/consent_note>.
  • Kreimer AR, Struyf F, Del Rosario-Raymundo MR, et al.; Costa Rica Vaccine Trial and PATRICIA study groups. Efficacy of fewer than three doses of an HPV-16/18 AS04-adjuvanted vaccine: combined analysis of data from the Costa Rica Vaccine and PATRICIA trials. Lancet Oncol 2015;16:775–86.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ