一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)州および地域のエボラに対するスクリーニング、監視、・・・

MMWR抄訳

rss

2015/10/16Vol. 64 / No. 40

MMWR64(40):1145-1146
State and Territorial Ebola Screening, Monitoring, and Movement Policy Statements — United States, August 31, 2015

州および地域のエボラに対するスクリーニング、監視、移動の政策 ― アメリカ、2015年8月31日

2014~2015年に、西アフリカのエボラウイルス病(Ebola)アウトブレイクは歴史上最大となり、ギニア、リベリア、シエラ・レオネに住む11,297例が犠牲となった。2014年8月7日に、CDCはアメリカへのEbola拡散を防止するために、Ebolaウイルスに曝露した可能性のある人の監視および移動に関するガイダンスを初めて発表した。その時以来、Ebolaウイルスに曝露した可能性のある人の監視および移動のための暫定的なガイダンスは、最新情報を基に定期的に更新されており、直近では2015年5月13日に更新された。アメリカでの初めてのEbola例が診断された後の2014年10月11日に、Ebola伝染の蔓延国からの旅行者を対象に、到着前の期間にEbola曝露の可能性のある人または到着時にEbolaの兆候または症状のある人を同定するための入国スクリーニングはアメリカの5つの空港において実施された。2014年10月24日に、入国スクリーニングを実施する空港の所在地のニューヨーク州およびニュージャージー州では、Ebola被災国からの帰国者に対する監視および移動政策を発表された。ニューヨーク州およびニュージャージー州の政策は、Ebola感染者への医療サービスを提供した医療関係者も含め、Ebola被災国でEbola患者に直接接触した人全員に対する強制的な隔離とともに、感染者との直接の接触のない人も含め、被災国への旅行歴のある全ての人に対する積極的な監視と隔離の可能性が含まれた。CDCのガイダンスでは、2014年10月27日にリスクカテゴリーを更新され、ニューヨーク州およびニュージャージー州の政策とは異なり、強制隔離は推奨せず、代わりに能動的または直接的な能動的監視および症候性または一部の無症候性の人の旅行制限を推奨した。CDCのガイダンス更新後の数カ月以内に、州独自の監視および移動政策または現在の政策の改正が発表され始め、一部の政策は、CDCガイダンスの推奨よりもより厳格な要件が含まれた。州と連邦間の監視および移動の政策の不一致の潜在的影響に関する懸念から、CDCのPublic Health Law Programはガイダンスにおける管轄内の差を調査した。2015年8月31日現在、現在のCDCガイダンスと比べ、17州およびワシントンDCでは移動制限、報告の頻繁さ、旅行者に対するリスクカテゴリーがより厳しく、35州および地域では同等であり、CDCガイダンスを下回る制限の州および地域はなかった。1地域の政策は不明であり、2地域では利用可能な監視および移動政策がなかった。州は独自の公衆衛生政策を設定する権限があるが、政策の差は西アフリカの支援をする人達に混乱を招く可能性ある。州が政策を明確および容易に利用可能に制作することにより、混乱は最小にできると考えられる。

References

  • CDC. 2014 Ebola outbreak in West Africa: case counts. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/outbreaks/2014-west-africa/case-counts.html>.
  • CDC. Interim U.S. guidance for monitoring and movement of persons with potential Ebola virus exposure. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/monitoring-and-movement-of-persons-with-exposure.html>.
  • Brown CM, Aranas AE, Benenson GA, et al. Airport exit and entry screening for Ebola—August–November 10, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1163–7.
  • Governor’s Press Office (New York State). Governor Andrew Cuomo and Governor Chris Christie announce additional screening protocols for Ebola at JFK and Newark Liberty International airports. October 24, 2014. Available at <https://www.governor.ny.gov/news/governor-andrew-cuomo-and-governor-chris-christie-announce-additional-screening-protocols-ebola>.
  • CDC. State Ebola protocols. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. Available at <http://www.cdc.gov/phlp/publications/topic/ebola.html>.
  • Jacobson v. Massachusetts, 197 U.S. 11 (1905). Available at <http://caselaw.findlaw.com/us-supreme-court/197/11.html>.
  • Shah R. Combating Ebola in West Africa: the international response. Testimony before the House Committee on Foreign Affairs, 113th Congress, 2nd Session. November 13, 2014. Available at <http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/CHRG-113hhrg91450/html/CHRG-113hhrg91450.htm>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ