一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)成人喫煙者における禁煙の傾向 ― アメリカ、200・・・

MMWR抄訳

rss

2015/10/16Vol. 64 / No. 40

MMWR64(40):1129-1135
Trends in Quit Attempts Among Adult Cigarette Smokers — United States, 2001–2013

成人喫煙者における禁煙の傾向 ― アメリカ、2001~2013年

1965~2012年に、アメリカにおける18歳以上の成人の喫煙率は42.4%から18.1%に低下した。禁煙は、どの年齢においても健康に有益であり、35歳以前に禁煙した人の若年死亡率は非喫煙者と同等である。Healthy People 2020は、成人喫煙者の最近1年間の禁煙試行率の80%以上の達成を目指している。CDCは、その進捗状況の評価のためBehavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)のデータを解析し、50州およびワシントンDC、グアム、プエルトリコおよび米国領バージン諸島の各自治体における最新の傾向を分析した。BRFSSは、州ベースの無作為抽出による電話調査であり、回答率の改善を図るため2011年に調査手法に携帯電話を加えたため、2001~2010年および2011~2013年のデータを分けて解析した。2001~2010年に、現在喫煙者(生涯に100本以上喫煙し、現在毎日または時々喫煙)の最近1年間に1日以上の禁煙試行率は、29州および米国領バージン諸島において直線的に上昇し、その中央値は56.1%(2001年)および58.8%(2010年)であった。2011~2013年は過去喫煙者(生涯に100本以上喫煙し、現在は喫煙していない)も統計に加え、禁煙試行率はハワイ州およびプエルトリコで上昇し、ニューメキシコ州では低下した。2013年、全成人喫煙者(生涯に100本以上喫煙)の約3分の2 (中央値65.9%)が最近1年間に1日以上の禁煙を試みた。自治体別試行率はプエルトリコおよびグアムで高く(各76.4%)、ケンタッキー州(56.2%)で低かった。年齢別の禁煙試行率は、18~24歳:73.2%、25~44歳:68.7%、45~64歳:60.9%、65歳以上: 56.4%であり、高齢者層ほど低い傾向にあった。喫煙関連疾病および死亡による損失を低減するため、たばこ価格の値上げ、包括的禁煙法の実施、メディアによる教育的キャンペーン、禁煙継続治療の保険適用に加え、電話やウェブによる禁煙支援(quitline)の推進が必要である。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014.
  • CDC. Surveillance for certain health behaviors among states and selected local areas—United States, 2010. MMWR Surveill Sum 2013;63(SS-01).
  • CDC. Smoking and tobacco use: best practices for comprehensive tobacco control programs—2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices>.
  • CDC. Methodologic changes in the Behavioral Risk Factor Surveillance System in 2011 and potential effects on prevalence estimates. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:410–3.
  • Farrelly MC, Pechacek TF, Chaloupka FJ. The impact of tobacco control program expenditures on aggregate cigarette sales: 1981–2000. J Health Econ 2003;22:843–59.
  • CDC. Increases in quitline calls and smoking cessation website visitors during a national tobacco education campaign—March 19–June 10, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:667–70.
  • Schauer GL, Malarcher AM, Zhang L, Engstrom MC, Zhu SH. Prevalence and correlates of quitline awareness and utilization in the United States: an update from the 2009–2010 National Adult Tobacco Survey. Nicotine Tob Res 2014;16:544–53.
  • CDC. Quitting smoking among adults—United States, 2001–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1513–9.
  • Blumberg SJ, Luke JV. Wireless substitution: early release of estimates from the National Health Interview Survey, July–December 2009. National Center for Health Statistics; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/nhis/earlyrelease/wireless201005.pdf>.
  • Pierannunzi C, Hu SS, Balluz L. A systematic review of publications assessing reliability and validity of the Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS), 2004–2011. BMC medical research methodology 13.1 (2013):49. Available at <http://www.biomedcentral.com/1471-2288/13/49>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ