一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)エボラ治療施設および研究室の設立 ― ボンバリ地区・・・

MMWR抄訳

rss

2015/10/09Vol. 64 / No. 39

MMWR64(39):1108-1111
Establishment of an Ebola Treatment Unit and Laboratory — Bombali District, Sierra Leone, July 2014–January 2015

エボラ治療施設および研究室の設立 ― ボンバリ地区、シエラレオネ、2014年7月~2015年1月

シエラレオネでは2014年5月にエボラウイルス病(Ebola)症例が初めて確認された後、急速にアウトブレイクが広がり、現時点では症例数:8,704例、死亡数:83,955例が確認されている。シエラレオネにEbola治療施設(ETU)が設立されたのは初めて症例が確認された東部(ケネマ地区およびカイラハム地区)であったが、2014年9月、10月には西部や北部の地区での症例が増加し、ボンバリ地区では2014年7~11月に873例が確認された。ボンバリ地区にETUおよび検査室が設立されたのはそれぞれ2014年11月末、12月初めであり、それまでは症例は確診されるまでETUへ搬送されず、また、ETUは満床の場合が多く、一時的な収容所で待機していた。ボンバリ地区の収容所からもっとも近いETUまでは214~285マイル(344~459km)の距離があり、救急車で4時間以上を要した。検査室も100マイル(161km)以上離れており、検体の搬送は1日1回であったため、診断、隔離、治療の遅れから生存の可能性は低下し、アウトブレイクのコントロールも遅れていた。CDCがボンバリ地区のETU設立前後のアウトブレイクコントロールを比較した結果、症状発現から検査結果が出るまで(7.3日から5.2日)、検体採取から検査結果が出るまで(2.5日から1.2日)、症例の隔離から検査結果が出るまで(3.7日から1.5日)、症状発現から症例調査まで(4.4日から3.6日)の期間が有意に短縮し、症状発現から症例の隔離までの期間は4.0日から3.6日と有意差は認めなかった。また、Ebola症例数はETUおよび検査室が設立された11月末から12月初めにかけて急速に減少し、アウトブレイクコントロールの改善が認められている。

References

  • Dixon MG, Schafer IJ. Ebola viral disease outbreak—West Africa, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:548–51.
  • CDC. 2014 Ebola outbreak in West Africa—case counts. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/outbreaks/2014-west-africa/case-counts.html>.
  • World Health Organization. Ebola response roadmap situation report: 1 October 2014. Available at <http://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/roadmapsitrep_1Oct2014_eng.pdf>.
  • Medecins Sans Frontieres. MSF opens new Ebola treatment centers in Sierra Leone to increase access to care. Available at <http://www.doctorswithoutborders.org/article/msf-opens-new-ebola-treatment-centers-sierra-leone-increase-access-care>.
  • Pathmanathan I, O’Connor KA, Adams ML, et al. Rapid assessment of Ebola infection prevention and control needs—six districts, Sierra Leone, October 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1172–4.
  • Fowler RA, Fletcher T, Fischer WA 2nd, et al. Caring for critically ill patients with Ebola virus disease. Perspectives from West Africa. Am J Respir Crit Care Med 2014;190:733–7.
  • National Cancer Institute. Joinpoint Regression Program, Version 4.2.0. Washington, DC: National Institutes of Health, National Cancer Institute; 2015.
  • CDC. Ebola virus disease information for clinicians in U.S healthcare settings. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/hcp/clinician-information-us-healthcare-settings.html>.
  • Osterholm MT, Moore KA, Kelley NS, et al. Transmission of Ebola viruses: what we know and what we do not know. MBio 2015;6:e00137–15.
  • World Health Organization. Ebola response roadmap. WHO/EVD/Roadmap/14.1. Available at <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/131596/1/EbolaResponseRoadmap.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ