一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)ヒスパニック系/ラテン系人におけるHIV感染症の診・・・

MMWR抄訳

rss

2015/10/09Vol. 64 / No. 39

MMWR64(39):1097-1103
Diagnoses and Prevalence of HIV Infection Among Hispanics or Latinos — United States, 2008–2013

ヒスパニック系/ラテン系人におけるHIV感染症の診断および有病率 ― アメリカ、2008~2013年

ヒスパニック系人やラテン系人はアメリカの総人口の約17%を占めるが、HIV感染例は2013年にて非ヒスパニック系白人のおよそ3倍多い。CDCはNational HIV Surveillance Systemデータより、2008~2013年における13歳以上のヒスパニック/ラテン系人におけるHIV感染例について、その特徴を分析した。この期間、国内50州およびワシントンDCにおいてHIV感染症と診断された思春期齢および成人患者は276,633例であり、うち57,406例(20.8%)がヒスパニック/ラテン系人であった。HIV診断率[10万人あたりの診断例(/年)]は2008年:28.3から2013年:24.3と減少し[推定年間変化率(EAPC)=-3.6]、男女別では男性:45.0から41.3(EAPC=-2.0)、女性:10.1から6.8(EAPC=-9.6)、年齢別では35~44歳にてもっとも大きく減少していた(39.6から29.5、EAPC=-6.8)。感染の原因として男性では男性同性間性交渉が16%増加したが(EAPC=3.0)、静注ドラッグおよび異性間性交渉による感染は減少、女性では静注ドラッグ、異性間性交渉ともに減少した。2013年におけるHIV診断率は男性41.3、女性:6.8と約6倍の差があり、年齢別では25~34歳が40.1ともっとも高く、地域別では2.3(アイダホ州)~90.1(ワシントンDC)であった。感染原因は男性では同性間性交渉 (7,098例、82.8%)、女性は異性間性交渉(1,194例、87.2%)がもっとも多く、出身地別では男性同性間性交渉がプエルトリコ:53.6%~南アメリカ:86.4%、静注ドラッグはプエルトリコがもっとも多かった(24.9%)。また、2012年末の時点で約911,602例がHIV感染にて生存しており、うち183,300例(20.1%)がヒスパニック/ラテン系であった(10万人あたり458.8、モンタナ州:73.6~ワシントンDC:1,947.5)。

References

  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2013. HIV Surveillance Report 2015(25). Available at <http://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance/2013/surveillance_report_vol_25.html>.
  • US Census Bureau. Population estimates. Available at <http://www.census.gov/popest/data>.
  • Harrison KM, Kajese T, Hall HI, Song R. Risk factor redistribution of the national HIV/AIDS surveillance data: an alternative approach. Public Health Rep 2008;123:618–27.
  • Johnson AS, Hall HI, Hu X, Lansky A, Holtgrave DR, Mermin J. Trends in diagnoses of HIV infection in the United States, 2002–2011. JAMA 2014;312:432–4.
  • US Census Bureau. American Community Survey, 2012. English-speaking ability of the foreign-born population in the United States. Available at <https://www.census.gov/content/dam/Census/library/publications/2014/acs/acs-26.pdf>.
  • CDC. HIV among Latinos. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/group/racialethnic/hispaniclatinos/index.html>.
  • CDC. HIV/AIDS among Hispanics—United States, 2001–2005. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2007;56:1052–7.
  • Espinoza L, Hall HI, Hu X. Diagnoses of HIV infection among Hispanics/Latinos in 40 states and Puerto Rico, 2006–2009. J Acquir Immune Defic Syndr 2012;60:205–13.
  • CDC. Incidence and diagnoses of HIV infection—Puerto Rico, 2006. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2009;58:589–91.
  • CDC. Hispanics or Latinos living with diagnosed HIV: progress along the continuum of HIV care—United States, 2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:886–90.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ