一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)成人におけるワクチン不全に関連した麻疹アウトブレイ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/10/02Vol. 64 / No. 38

MMWR64(38):1088-1092
Measles Outbreak Associated with Vaccine Failure in Adults — Federated States of Micronesia, February–August 2014

成人におけるワクチン不全に関連した麻疹アウトブレイク ― ミクロネシア連邦、2014年2月~8月

ミクロネシア連邦(FSM)では過去20年間にわたり麻疹の報告はなかったが、2014年5月15日に、CDCはFSMにおいて検査室で確認された麻疹2例の報告を受けた。FSMはWHO、UNICEF、CDCの支援の下に、疑似症例の調査、接触の同定、アウトブレイクのワクチン反応の分析、ワクチンの温度管理のためのコールドチェーンの評価を実施した。2月~8月の間に、FSMの4つの州のうち3つの州:コスラエ(139例)、ポンペイ(251例)、チューク(3例)で麻疹の報告があった。393例の症例のうち、140例(36%)は検査室で確認され、244例(62%)および(9例)はそれぞれ疫学的および臨床的に確認された。患者の年齢の中央値は24歳(範囲:生後3週~61歳)で、250例(64%)は20歳以上の成人であった。全体の発病率は、定期予防接種の年齢に満たない生後12カ月未満の乳児にて上昇し(56例、人口1000人あたり22例)、次いで20~29歳(119例、人口1000人あたり7例)、30~39歳(76例、人口1000人あたり6例)の成人で上昇した。393例のうち、306例はワクチン接種歴があり、74例の成人を含む87例は接種状態が不明であった。169例(96%)の成人(20歳以上)を含む216例(71%)は1回以上MCV接種を受けていた。ワクチン接種の記録のある成人間では、123例(70%)がMCVの2回以上の接種を受けていた。124例の患者で入院が必要であり、1例(生後21カ月)が死亡した。FSMの各州は集団免疫の迅速な向上のために、生後6カ月の小児から57歳の成人を対象に集団予防接種キャンペーンを実施し、対象集団の達成率は、FSM全体で87%、コスラエ州、ポンペイ州、チューク州、ヤップ州でそれぞれ90%、95%、85%、42%であった。FSMでは、2014年8月31日後の麻疹症例は報告されていない。また、コスラエ州での現在のワクチンのコールドチェーンの評価を実施した結果、脆弱性は僅かであったが、過去のコールドチェーンの保守記録がなかったため、評価はできなかった。過去のコールドチェーンの破綻がワクチンの効能を低下させ、感染しやすい集団が形成された可能性はあるが、成人のワクチン不全の原因は特定できない。定期予防接種プログラムによる2回の麻疹ワクチンの高接種率の維持および追加予防接種活動は、ワクチン不全がアウトブレイクの主な要因であったとしても、麻疹アウトブレイク拡散の予防に必要である。

References

  • Federated States of Micronesia Office of Statistics, Budget and Economic Management, Overseas Development Assistance, and Compact Management. FSM 2010 census preliminary results. Federated States of Micronesia; 2015. Available at <http://www.sboc.fm/index>.
  • World Health Organization Regional Office for the Western Pacific. Field guidelines for measles elimination. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2004. Available at <http://www.wpro.who.int/publications/docs/FieldGuidelines_for_MeaslesElimination_0F24.pdf>.
  • Güriş D, Auerbach SB, Vitek C, et al. Measles outbreaks in Micronesia, 1991 to 1994. Pediatr Infect Dis J 1998;17:33–9.
  • World Health Organization Regional Office for the Western Pacific. Federated States of Micronesia: country profile-measles elimination. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. Available at <http://www.wpro.who.int/immunization/documents/measles_country_profile_sep2014_fsm.pdf>.
  • World Health Organization. Immunizations, vaccines, and biologicals: WHO-recommended surveillance standard of measles. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. Available at <http://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/burden/vpd/surveillance_type/active/measles_standards/en>.
  • World Health Organization. Progress towards measles elimination, Philippines, 1998–2014. Wkly Epidemiol Rec 2015;90:149–59.
  • Hyde TB, Dayan GH, Langidrik JR, et al. Measles outbreak in the Republic of the Marshall Islands, 2003. Int J Epidemiol 2006;35:299–306.
  • CDC. Measles outbreak and response—Fiji, February–May 2006. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2006;55:963–6.
  • CDC. Epidemiology and prevention of vaccine-preventable diseases: measles [Chapter 13]. In: The Pink Book. 13th ed. Atlanta, GA: CDC; 2015. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/pubs/pinkbook/meas.html>.
  • Fowotade A, Okonko IO, Nwabuisi C, Bakare RA, Fadeyi A, Adu FD. Measles vaccine potency and sero-conversion rates among infants receiving measles immunization in Ilorin, Kwara State, Nigeria. J Immunoassay Immunochem 2015;36:195–209.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ