一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)救急科で治療した非致死的傷害の生涯医療費および労働・・・

MMWR抄訳

rss

2015/10/02Vol. 64 / No. 38

MMWR64(38):1078-1082
Estimated Lifetime Medical and Work-Loss Costs of Emergency Department– Treated Nonfatal Injuries — United States, 2013

救急科で治療した非致死的傷害の生涯医療費および労働損失費の試算 ― アメリカ、2013年

アメリカの救急科(ED)では、年々多数の非致死的傷害が治療されている。EDで治療した傷害の経済的影響を評価するために、CDCは2013年のNational Electronic Injury Surveillance System–All Injury ProgramとWeb-Based Injury Statistics Query and Reporting Systemを使用してデータを分析し、患者を性別、年齢グループ、傷害の意図/受傷機転により層別化し、傷害数、粗および年齢特異的な傷害率、総生涯医療費および労働損失費を算出した。EDで治療した傷害は、さらに入院または治療のみで帰宅に分類した。2013年にEDで治療した非致死的障害のうち、入院に至った傷害の割合は10万にあたり950.8、治療のみで帰宅した傷害の割合は10万人あたり8,549.8であった。すべてのEDで治療した非致死的障害の総生涯医療費および労働損失費費用は4,569億ドルで、これらの費用の63%は入院に至った傷害(2897億ドル)が占めた。費用の約65%は男性が占め、費用の3/4以上が25歳以上に集中した。生涯費用において、不慮の傷害は2,535億円、暴行傷害は264億円、自傷による障害は113億円を占めた。暴行傷害による入院の費用は15~44歳の若年成人に集中したが、45歳以上の成人では不慮の傷害に関連する入院が増加した。治療後退院した傷害の推定費用は1,671億ドルで、これらのコストの58%は男性が占め、71%が45歳未満で、費用の大半(1,561億ドル、93%)は不慮の傷害であった。暴行傷害および自傷による障害の費用は、それぞれ98億ドルおよび6億2700万ドルであった。全体で、EDで治療した非致死的障害の平均医療費および労働損失費は15,211ドルであったが、暴行または自傷による傷害の平均費用は非意図的な傷害よりも高かった。すべてのEDで治療した非致死的障害のうち、費用の37%を転落関連障害が占め、次いで、交通関連傷害(21%)であった。薬物中毒が占める割合は2.6%のみであった。これらのことから非致死的傷害による経済的負担に対し、有効な予防策が必要とされていることが示唆されている。

References

  • CDC. National Hospital Ambulatory Medical Care Survey: 2010 emergency department summary tables. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/ahcd/nhamcs_emergency/2010_ed_web_tables.pdf>.
  • US Consumer Product Safety Commission National Electronic Injury Surveillance System. Available at <http://www.cpsc.gov/en/Research--Statistics/NEISS-Injury-Data>.
  • CDC. Nonfatal injury data. Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/nonfatal.html>.
  • Lawrence BA, Miller TA. Medical and work-loss cost estimation methods for the WISQARS Cost of Injury module. Available at <http://www.pire.org/documents/WisqarsCostMethods.pdf>.
  • Florence C, Simon T, Haegerich T, et al. Lifetime medical and work-loss costs of fatal injuries—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1074–7.
  • Fang X, Brown DS, Florence CS, Mercy JA. The economic burden of child maltreatment in the United States and implications for prevention. Child Abuse Negl 2012;36:156–65.
  • Preusser DF, Williams AF, Nichols JL, Tison J, Chaudhary NK. Effectiveness of behavioral highway safety countermeasures. Available at <http://onlinepubs.trb.org/onlinepubs/nchrp/nchrp_rpt_622.pdf>.
  • Center for the Study and Prevention of Violence. Blueprints for healthy youth development. Available at <http://www.blueprintsprograms.com>.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. National Registry of Evidence-Based Programs and Practices. Available at <http://www.nrepp.samhsa.gov>.
  • Mello MJ, Nirenberg TD, Longabaugh R, et al. Emergency department brief motivational interventions for alcohol with motor vehicle crash patients. Ann Emerg Med 2005;45:620–5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ