一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)致命傷の生涯医療費および労働損失費の試算 ― アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/10/02Vol. 64 / No. 38

MMWR64(38):1074-1077
Estimated Lifetime Medical and Work-Loss Costs of Fatal Injuries — United States, 2013

致命傷の生涯医療費および労働損失費の試算 ― アメリカ、2013年

2013年のアメリカにおいて、不慮の外傷、自殺、殺人はそれぞれ主な死因の4位、10位、16位を占め、これらの3つを合計すると約187,000例の死因となる。致命傷の経済的影響を評価するため、CDCはWeb-Based Injury Statistics Query and Reporting System データベースと2013年のNational Vital Statistics Systemを分析し、性別、年齢グループ、故意なのか不慮なのか、受傷機転により、死亡数、死亡率、致命傷に対する総生涯医療費および労働損失費を算出した。

2013年における致命的な傷害の割合は10万人あたり61.0、推定総生涯医療費および労働損失費は2,140億ドルで、男性はこれらの費用の78%および傷害死亡の67%を占めた。傷害死亡の約2/3は不慮によるもので費用の大部分(1,297億ドル、61%)を占め、約1/5は自殺で費用の24%(508億ドル)を占めた。殺人に関連した死亡は8%で、関連する費用は12%(264億ドル)であった。全体で、致命傷の割合は年齢とともに上昇したが、殺人および自殺ではそれぞれ青年および中年で上昇した。致命傷に関連する費用は、青年および若年成人(15~24歳)と成人(25~64歳)に集中しており、65歳以上では最も低下した。すべての傷害死亡において、薬物中毒は致命傷に関連する費用の26%を占め、次いで交通関連死(23%)、銃器関連死 (22%)、窒息死(9%)、転落死(5%)であった。不慮の傷害死亡に関連する費用は、主に交通関連死(37%)および薬物中毒(38%)であったが、殺人および自殺に関連する費用では、銃器による致命傷がそれぞれ75%および48%を占めた。これらのことから傷害関連の死亡は経済的な負担となっており、有効な予防策の必要性が示唆される。

References

  • CDC. Web-Based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars>.
  • Finkelstein EA, Corso PS, Miller TR, et al. The incidence and economic burden of injury in the United States. New York, NY: Oxford University Press; 2006.
  • Florence C, Haegerich T, Simon T, et al. Estimated lifetime medical and work-loss costs of emergency department–treated nonfatal injuries—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1078–82.
  • Lawrence BA, Miller TA. Medical and work loss cost estimation methods for the WISQARS cost of injury module. Available at <http://www.pire.org/documents/WisqarsCostMethods.pdf>.
  • Baker SP, Hu G, Wilcox HC, Baker TD. Increase in suicide by hanging/suffocation in the U.S., 2000–2010. Am J Prev Med 2013;44:146–9.
  • National Center for Statistics and Analysis. 2013 motor vehicle crashes: overview. Available at <http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/Pubs/812101.pdf>.
  • Breiding MJ, Wiersema B. Variability of undetermined manner of death classification in the US. Inj Prev 2006;12(Suppl 2):ii49–54.
  • Webster DW, Whitehill JM, Vernick JS, Curriero FC. Effects of Baltimore’s Safe Streets Program on gun violence: a replication of Chicago’s CeaseFire Program. J Urban Health 2013;90:27–40.
  • Miller T, Finkelstein E, Zaloshnja E, Hendrie D. The cost of child and adolescent injuries and the savings from prevention, in Injury prevention for children and adolescents: research, practice, and advocacy. Liller K, ed. Washington, DC: American Public Health Association; 2012:15–64.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ