一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)ミドルおよびハイスクールの生徒におけるフレーバー付・・・

MMWR抄訳

rss

2015/10/02Vol. 64 / No. 38

MMWR64(38):1066-1070
Flavored Tobacco Product Use Among Middle and High School Students — United States, 2014

ミドルおよびハイスクールの生徒におけるフレーバー付きタバコ製品使用 ― アメリカ、2014年

The 2009 Family Smoking Prevention and Tobacco Control Actは、タバコ香およびメントール以外のフレーバー(キャンディ、フルーツ、チョコレートなど)を紙巻きタバコに添加することを禁じているが、他のタバコ製品は対象外である。小売販売データによれば、アメリカにおける紙巻きタバコ以外のフレーバー葉巻およびフレーバー電子タバコの販売高は近年増加しており、これらの製品が若年層に及ぼす影響が懸念される。CDCおよびFDAは、2014年のNational Youth Tobacco Surveyのデータから、ミドルスクール(第6~8学年)およびハイスクール(第9~12学年) 計207校の生徒22,007人における30日以内のフレーバー付き電子タバコ、水タバコ、葉巻、パイプタバコ、無煙タバコの各製品およびメントール紙巻きタバコの使用について調査した。2014年、ミドルおよびハイスクール生徒の現喫煙者(30日以内に使用)の70%、326万人が1種類以上のフレーバー付きタバコ製品を使用していた。製品別では、電子タバコ使用者の63.3%(158万人)、水タバコ使用者の60.6%(102万人)、葉巻使用者の63.5%(91万人)、無煙タバコ使用者の58.8%(69万人)、パイプタバコ使用者の42.3%(12万人)がフレーバー付きタバコを使用し、紙巻きタバコ使用者の53.6%(90万人)はメントール付きタバコを使用していた。紙巻きタバコ使用者のうち非ヒスパニック系黒人は70.5%、非ヒスパニック系白人は51.4%、ヒスパニック系は52.3%がメントール付きを使用したのに対し、その他のタバコ製品では非ヒスパニック系黒人のフレーバー付きタバコ使用率は低かった。ハイスクールの全生徒の24.5%が現喫煙者であり、17.9%はフレーバー付き、5.8%はフレーバーなしのタバコ製品を使用していた。タバコ製品価格の値上げや、購入可能年齢の引き上げを含む包括的な青年の喫煙対策が必要である。

References

  • Family Smoking Prevention and Tobacco Control Act [Pub. L. No. 111–31, H.R. 1256 (2009)]. Available at <http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/PLAW-111publ31/html/PLAW-111publ31.htm>.
  • Delnevo CD, Giovenco DP, Ambrose BK, Corey CG, Conway KP. Preference for flavoured cigar brands among youth, young adults and adults in the USA. Tob Control 2015;24:389–94.
  • Giovenco D, Hammond D, Corey CG, Ambrose BK, Delnevo CD. E-cigarette market trends in traditional U.S. retail channels, 2012–2013. Nicotine Tob Res 2015;10:1279–83.
  • Arrazola RA, Singh T, Corey CG, et al. Tobacco use among middle and high school students—United States, 2011–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:381–5.
  • CDC. Key outcome indicators for evaluating comprehensive tobacco control programs. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2005. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/tobacco_control_programs/surveillance_evaluation/key_outcome>.
  • Giovino GA, Villanti AC, Mowery PD, et al. Differential trends in cigarette smoking in the USA: is menthol slowing progress? Tob Control 2015;24:28–37.
  • Hersey JC, Nonnemaker JM, Homsi G. Menthol cigarettes contribute to the appeal and addiction potential of smoking for youth. Nicotine Tob Res 2010;12(Suppl 2):S136–46.
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/50th-anniversary/index.htm>.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs—2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/pdfs/2014/comprehensive.pdf>.
  • Institute of Medicine. Public health implications of raising the minimum age of legal access to tobacco products. Washington, DC: National Academies of Sciences; 2015. Available at <http://iom.nationalacademies.org/Reports/2015/TobaccoMinimumAgeReport.aspx>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ