一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)風疹および先天性風疹症候群のコントロールおよび根絶・・・

MMWR抄訳

rss

2015/09/25Vol. 64 / No. 37

MMWR64(37):1052-1055
Global Progress Toward Rubella and Congenital Rubella Syndrome Control and Elimination — 2000–2014

風疹および先天性風疹症候群のコントロールおよび根絶への世界的な進歩 ― 2000~2014年

風疹は妊娠中、とくに第1三半期に感染すると流産、胎児死亡、死産、先天性奇形などの先天性風疹症候群(CRS)を引き起こすため、2011年、WHOは風疹含有ワクチン(RCV)を国の定期接種ワクチンに組み入れるようガイダンスを更新している。2014年のWHOおよびUNICEFのデータでは、RCVは194のWHO加盟国のうち140カ国(72%)にて導入され、2000年(99カ国、51%)、2012年(132カ国、68%)からそれぞれ39%、6%増加した。地域別ではアフリカ:7カ国(15%)、アメリカ:35(100%)、東地中海:15(71%)、ヨーロッパ:53(100%)、東南アジア:6(55%)、西太平洋:24(89%)であり、全世界でRCVの接種を受けた乳児は2000年:22%、2014年:46%であった。RCVが導入されている140カ国のうち、137カ国(98%)は麻疹含有ワクチン(MCV)の初回接種とともに接種されており、初回接種の時期は8~11カ月齢:15カ国(11%)、12~18カ月齢:120カ国(85%)、18カ月齢以上:5カ国(4%)であった。各国の風疹およびCRSのサーベイランスデータはWHO-UNICEF Joint Reporting Systemに報告される。2000~2014年のデータ分析の結果、風疹症例は2000年:102ヵ国、2012年:172カ国、2014年:161カ国から報告され、2012~2014年にかけてヨーロッパ(47~37カ国)、西太平洋(23~16カ国)にて減少していた。2012年に報告のあった172カ国のうち、24カ国は2014年に報告はなく、21ヵ国は根絶に達した。CRS症例は2000年:75カ国、2012年:130カ国、2014年:114カ国から報告され、2012年に報告のあった130カ国のうち、33カ国は2014年に報告はなく、18カ国は根絶に達した。全体での風疹症例は、2000年:670,894例(102カ国)、2014年:33,068例(161カ国)であり、地域別ではアメリカでは2015年4月に根絶が宣言され、ヨーロッパでは2000年:621,039例(41カ国)から2014年:640例(37カ国)、西太平洋では2000年:5,475例(15カ国)、2012年:44,275例(23カ国)、2014年:12,814例(16カ国)と減少したが、アフリカでは2000年:865例(7カ国)から2014年:7,402例(44カ国)、東南アジアでは2000年:1,165例(3カ国)から2014年:9,263例(10カ国)と増加していた。2020 Global Vaccine Action Planの風疹およびCRS根絶目標を達成するには、RCVの導入およびサーベイランスの強化を継続する必要があると思われる。

References

  • World Health Organization. Rubella vaccines. WHO position paper. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2011. Available at <http://www.who.int/wer/2011/wer8629.pdf>.
  • World Health Organization. Global vaccine action plan. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/78141/1/9789241504980_eng.pdf?ua=1>.
  • World Health Organization. Global measles and rubella strategic plan: 2012–2020. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/Measles_Rubella_StrategicPlan_2012_2020.pdf>.
  • CDC. Rubella and congenital rubella syndrome control and elimination—global progress, 2000–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:983–6.
  • World Health Organization. Immunization, vaccines and biologicals: data, statistics and graphics. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. Available at <http://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/data/en/>.
  • World Health Organization. WHO-recommended standards for surveillance of selected vaccine-preventable diseases. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2003. Available at <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/68334/1/WHO_V-B_03.01_eng.pdf?ua=1>.
  • Regional Committee for South-East Asia Region. Measles elimination and rubella control. Available at <http://www.searo.who.int/mediacentre/events/governance/rc/66/9.pdf>.
  • World Health Organization. Framework for verifying elimination of measles and rubella. Wkly Epidemiol Rec 2013;88:89–99.
  • World Health Organization. Meeting of the Strategic Advisory Group of Experts on Immunizations, October 2014—conclusions and recommendations. Wkly Epidemiol Rec 2014;89:561–76.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ