一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)心血管系疾患予防カウンセリングの対象となる成人と有・・・

MMWR抄訳

rss

2015/09/25Vol. 64 / No. 37

MMWR64(37):1047-1051
Adults Eligible for Cardiovascular Disease Prevention Counseling and Participation in Aerobic Physical Activity — United States, 2013

心血管系疾患予防カウンセリングの対象となる成人と有酸素運動への参加― アメリカ、2013年

2014年8月、U.S. Preventive Services Task Forceは体重過多(BMI:25.0~29.9)、肥満(BMI≧30.0)および心血管系疾患(CVD)リスク因子(高血圧、脂質異常症、または空腹時血糖値異常)のある成人に対し、CVD予防のための健康的ダイエットおよび身体活動を推進する行動的カウンセリングを受けるよう推奨している。2013年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemデータの分析から、このカウンセリングの対象となる成人は全体で36.8%(男性:40.0%、女性:33.5%)と推定され、年齢別では18~24歳:6.6%、65歳以上:56.4%と年齢に伴い増加し、人種別では非ヒスパニック系白人:37.6%、ヒスパニック系:32.6%に比べ、非ヒスパニック系黒人:43.3%にて有意に多く、学歴別では高卒未満:42.3%にて大卒:31.8%に比べ有意に多かった。また、50州(およびワシントンDC)の州別では、29.0%(ユタ州)~44.6%(テネシー州)、地域別では南部:39.4%にて高く、中西部:36.9%、北東部:36.0%、西部:33.2%であった。身体活動を2008 Physical Activity Guidelines for Americansにて推奨される運動(週150分以上の軽~中程度の有酸素運動または週75分以上の激しい有酸素運動、またはこれらに相当する組み合わせ)とした場合、カウンセリングの対象となる成人では54.0%がこのガイドラインの基準に達しておらず、対象とならない成人(46.4%)に比べ有意に多かった。CVD予防カウンセリングの対象であり、身体活動の基準に達しない成人は、全成人の19.9%を占めており、州別では12.4%(ハワイ州)~28.8%(ミシシッピ州)であった。CVDの予防にはガイドラインに従って身体活動を推進することが重要と思われる。

References

  • Mozaffarian D, Benjamin EJ, Go AS, et al. American Heart Association Statistics Committee and Stroke Statistics Subcommittee. Heart disease and stroke statistics—2015 update: a report from the American Heart Association. Circulation 2015;131:e29–322.
  • LeFevre ML, U.S. Preventive Services Task Force. Behavioral counseling to promote a healthful diet and physical activity for cardiovascular disease prevention in adults with cardiovascular risk factors: U.S. Preventive Services Task Force Recommendation Statement. Ann Intern Med 2014;161:587–93.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System. BRFSS data quality, validity, and reliability. Available at <http://www.cdc.gov/brfss/publications/methodology/data_qvr.htm>.
  • CDC. Adult participation in aerobic and muscle-strengthening physical activities—United States, 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:326–30.
  • Shi L. The impact of primary care: a focused review. Scientifica (Cairo) 2012;2012:432892.
  • Elley CR, Kerse N, Arroll B, Robinson E. Effectiveness of counselling patients on physical activity in general practice: cluster randomised controlled trial. BMJ 2003;326:793.
  • Eakin EG, Smith BJ, Bauman AE. Evaluating the population health impact of physical activity interventions in primary care—are we asking the right questions? J Phys Act Health 2005;2:197–215.
  • Fox JB, Shaw FE. Clinical preventive services coverage and the Affordable Care Act. Am J Public Health 2015;105:e7–10.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy People 2020. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020/topics-objectives/topic/physical-activity>.
  • CDC. Methodologic changes in the Behavioral Risk Factor Surveillance System in 2011 and potential effects on prevalence estimates. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:410–3.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ