一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)出産可能女性における飲酒および過度の飲酒 ― アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/09/25Vol. 64 / No. 37

MMWR64(37):1042-1046
Alcohol Use and Binge Drinking Among Women of Childbearing Age — United States, 2011–2013

出産可能女性における飲酒および過度の飲酒 ― アメリカ、2011~2013年

妊娠中の飲酒は胎児性アルコールスペクトル障害(FASDs)や有害出生転帰を引き起こし、アメリカでは小学校1年生の2~5%に身体的、行動的または学習障害などのFASDが認められている。今回、CDCは2011-13 Behavioral Risk Factor Surveillance Systemデータより、18~44歳の妊娠女性および非妊娠女性における飲酒および過度の飲酒について分析を行った。調査対象は国内50州およびDCの18~44歳の女性206,481名(回答率:45.2~49.7%)であり、うち妊娠女性は8,383名(4.0%)であった。調査前30日以内に1回以上の飲酒および過度の飲酒をした非妊娠女性はそれぞれ53.6%、18.2%、妊娠女性は10.2%、3.1%であった。年齢別の飲酒率は非妊娠女性では21~24歳(66.1%)、妊娠女性では35~44歳(18.6%)にて最も高く、人種別では非妊娠女性は非ラテン系白人(59.7%)、妊娠女性では非ラテン系黒人(13.9%)にて最も高かった。また、妊娠女性の学歴別飲酒率は、高卒以下(7.7%)に比べ大卒(13.0%)にて高く(補正比:2.1)、既婚女性(7.9%)に比べ未婚女性(12.9%)にて高かった(補正比:2.4)。さらに過度の飲酒率も既婚女性(1.6%)に比べ未婚女性(5.0%)にて高かった(補正比:4.6)。過去30日以内における過度の飲酒の回数は、非妊娠女性の平均3.1回に対し、妊娠女性では4.6回と多く、飲酒の量も非妊娠女性の6.0杯に対し、妊娠女性は7.5杯と多かった。Healthy People 2020では妊娠女性における飲酒を抑制することを目標としており、妊娠女性および妊娠可能年齢の女性の過度の飲酒を包括的アプローチにより抑制していくことが重要である。

References

  • World Health Organization. Global status report on alcohol and health—2014. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. Available at <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/112736/1/9789240692763_eng.pdf>.
  • May PA, Baete A, Russo J, et al. Prevalence and characteristics of fetal alcohol spectrum disorders. Pediatrics 2014;134:855–66.
  • McKnight-Eily LR, Liu Y, Brewer RD, et al. Vital signs: communication between health professionals and their patients about alcohol use—44 states and the District of Columbia, 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:16–22.
  • Esser MB, Hedden SL, Kanny D, Brewer RD, Gfroerer JC, Naimi TS. Prevalence of alcohol dependence among US adult drinkers, 2009–2011. Prev Chronic Dis 2014;11:E206.
  • US Preventive Services Task Force. Screening and behavioral counseling interventions in primary care to reduce alcohol misuse: US preventive services task force recommendation statement. Ann Intern Med 2013;159:210–8.
  • CDC. Alcohol use and binge drinking among women of childbearing age—United States, 2006–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:534–8.
  • CDC. Methodologic changes in the Behavioral Risk Factor Surveillance System in 2011 and potential effects on prevalence estimates. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:410–3.
  • Nelson DE, Naimi TS, Brewer RD, Roeber J. US state alcohol sales compared to survey data, 1993–2006. Addiction 2010;105:1589–96.
  • Floyd RL, Decouflé P, Hungerford DW. Alcohol use prior to pregnancy recognition. Am J Prev Med 1999;17:101–7.
  • Task Force on Community Prevention Services. Preventing excessive alcohol consumption. In: The guide to community preventive services. New York, NY: Oxford University Press; 2005. Available at <http://www.thecommunityguide.org/alcohol/index.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ