一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)新規にHIV感染症と診断された男性における未報告の・・・

MMWR抄訳

rss

2015/09/25Vol. 64 / No. 37

MMWR64(37):1037-1041
Unreported Male Sex Partners Among Men with Newly Diagnosed HIV Infection — North Carolina, 2011–2013

新規にHIV感染症と診断された男性における未報告の男性の性パートナー:ノースカロライナ州、2011~2013年

2011年9月~2013年10月、ノースカロライナ州にて主に25歳未満のアフリカ系アメリカ人を対象とした急性HIV感染の検査法を評価したプロスペクティブ試験のデータを用いて、新規に診断されたHIV感染者における性パートナーの報告状況を調査した。この期間、ノースカロライナ州では16,892名の男性が検査を受け、179名(1.1%)がHIV感染症と診断された。検査前カウンセリング(HIV検査時)およびパートナーサービス(HIV診断時)にHIV感染のリスク行動(男性間性交渉)について質問した結果、179名中145名(81.0%)がパートナーに関する質問に回答した。検査時では87名が男性の性パートナーがいることを報告し、58名は報告しなかったが、診断時には58名中26名が1人以上の男性パートナーがいると報告し、32名は性交渉パートナーは女性のみであると報告した。検査時に男性パートナーについて報告した87名[24(22~30)歳、アフリカ系アメリカ人:73(83.9%)]と診断時に報告した26名[23.5(20~28)歳、アフリカ系アメリカ人:23(88.5%)]を比較した場合、男性パートナーの数はほぼ同数[4(2~6)人vs 3(2~5)人]であるが、過去12カ月以内に少なくとも1人以上の女性と性交渉のあった者は6/87名(6.9%)、8/26名(30.8%)と有意差を認めた。検査時にHIV感染パートナーと性交渉があったとの報告は23/87名(26.3%)のみであり、診断時、1名以上のHIV感染パートナーと性交渉があったとの報告は56/87名(81.2%)、14/26名(82.4%)であった。HIV感染の予防は、男性同性愛者に対する曝露前予防が重要となるが、今回の調査から男性パートナーの存在や性交渉を報告する患者は少なく、感染リスクを正確に把握するには新たな評価方法が必要であることが示唆される。

References

  • Buchbinder SP, Glidden DV, Liu AY, et al. HIV pre-exposure prophylaxis in men who have sex with men and transgender women: a secondary analysis of a phase 3 randomised controlled efficacy trial. Lancet Infect Dis 2014;14:468–75.
  • Pandori MW, Westheimer E, Gay C, et al. The Multispot rapid HIV-1/HIV-2 differentiation assay is comparable with the Western blot and an immunofluorescence assay at confirming HIV infection in a prospective study in three regions of the United States. J Clin Virol 2013;58(Suppl 1):e92–6.
  • CDC. Recommendations for partner services programs for HIV infection, syphilis, gonorrhea, and chlamydial infection. MMWR Recomm Rep 2008;57(No. RR-9).
  • Peters PJ, Gay C, Beagle S, Shankar A, Switzer WM, Hightow-Weidman LB. HIV infection among partners of HIV-infected black men who have sex with men—North Carolina, 2011–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:90–4.
  • Bernstein KT, Liu KL, Begier EM, Koblin B, Karpati A, Murrill C. Same-sex attraction disclosure to health care providers among New York City men who have sex with men: implications for HIV testing approaches. Arch Intern Med 2008;168:1458–64.
  • Lyss SB, Branson BM, Kroc KA, Couture EF, Newman DR, Weinstein RA. Detecting unsuspected HIV infection with a rapid whole-blood HIV test in an urban emergency department. J Acquir Immune Defic Syndr 2007;44:435–42.
  • Durso LE, Meyer IH. Patterns and predictors of disclosure of sexual orientation to healthcare providers among lesbians, gay men, and bisexuals. Sex Res Social Policy 2013;10:35–42.
  • Ford CL, Whetten KD, Hall SA, Kaufman JS, Thrasher AD. Black sexuality, social construction, and research targeting ‘The Down Low’ (‘The DL’). Ann Epidemiol 2007;17:209–16.
  • Dodge B, Jeffries WL 4th, Sandfort TG. Beyond the Down Low: sexual risk, protection, and disclosure among at-risk black men who have sex with both men and women (MSMW). Arch Sex Behav 2008;37:683–96.
  • Torrone EA, Thomas JC, Kaufman JS, Pettifor AE, Leone PA, Hightow-Weidman LB. Glen or Glenda: reported gender of sex partners in two statewide HIV databases. Am J Public Health 2010;100:525–30.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ