一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)小児のエボラウイルス病の疑いに関してCDCにより受・・・

MMWR抄訳

rss

2015/09/18Vol. 64 / No. 36

MMWR64(36):1006-1010
Clinical Inquiries Received by CDC Regarding Suspected Ebola Virus Disease in Children — United States, July 9, 2014–January 4, 2015

小児のエボラウイルス病の疑いに関してCDCにより受領された臨床問い合わせ ― アメリカ、2014年7月9日~2015年1月4日

2014~2015年に、エボラウイルス病(Ebola)の流行は史上最大となり、アメリカにおいても初のEbola診断例があった。CDCは、2014年7月9日にEbolaの緊急対策拠点施設を立ち上げ、州および地域の公衆衛生当局者や疑い例を診察する医療関係者を支援するためにEbolaの臨床相談サービスを確立し、2014年7月9日~2015年1月4日までに相談サービスに寄せられた小児89例(18歳以下)に関する問い合わせを総括した。週当たりの小児に関する問い合わせは、CDCがアメリカでのEbola 初発例を確認した2014年9月30日以前では平均1~2件であったが、その後の4週では平均12件(範囲:5~25件)に増加したが、これらのうち実際の調査対象例(PUI)に該当したのは20%(49例中10例)のみで、他の全体の週を合わせた55%(40例中22例)を下回った。全体で、57例(64%)はPUIの診断基準には合致せず、そのうち56例にはEbolaの疫学的リスクファクターを認めなかったが、リスクがあると思われていた。Ebola蔓延国についての混同が誤解の大半であった。疫学的リスクファクターのあった33例の小児は、全例がEbola蔓延国に渡航歴があったが、Ebola症例への接触はなかった。これらのうち32例(97%)ではEbolaと一致する症状を認めたため、PUIと判断され、うち15例(47%)にEbola検査を実施したが、全例で陰性であった。PUI32例の主な症状は発熱(78%)で、8例(25%)は上気道感染症などの別の診断が示唆される兆候または症状があった。退院時の診断が利用可能であった19例のPUIの診断は、マラリア(5例)、インフルエンザ(5例)、その他のウイルス性疾患(3例)、非ウイルス性疾患(6例)であった。少なくても15例のPUIが評価期間中に何らかの形で隔離され、少なくても10例がEbola精査のために転院した。医療記録から、小児のPUIを診察可能な病院を見つけることの困難さ、または病院が検査室の汚染の可能性およびスタッフへのEbola曝露の懸念からマラリアやインフルエンザの検査の実施を躊躇したことが原因で、少なくても5例の小児において適切な治療の遅れが示唆された。さらに、多くの医療関係者および医療施設が、隔離室への症例の両親の入室許可およびその管理についての懸念を表明した。Ebolaに対する適切な警戒レベルを維持すると同時に、公衆衛生当局および医療関係者は、小児のPUIに対して、他の一般的な疾患のタイムリーな診断や適切な治療ともに、小児の心理社会的要求を支援する最善の治療を確実にすべきである。

References

  • CDC. 2014 Ebola outbreak in West Africa. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/outbreaks/2014-west-africa/index.html>.
  • Karwowski MP, Meites E, Fullerton KE, et al. Clinical inquiries regarding Ebola virus disease received by CDC—United States, July 9–November 15, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1175–9.
  • CDC. Epidemiologic risk factors to consider when evaluating a person for exposure to Ebola virus. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/risk-factors-when-evaluating-person-for-exposure.html>.
  • CDC. Case definition for Ebola virus disease (EVD). Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/hcp/case-definition.html>.
  • Peacock G, Uyeki TM, Rasmussen SA. Ebola virus disease and children: what pediatric health care professionals need to know. JAMA Pediatr 2014;168:1087–8.
  • CDC. Interim guidance for preparing Ebola assessment hospitals. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/hcp/preparing-ebola-assessment-hospitals.html>.
  • CDC. Interim guidance for specimen collection, transport, testing, and submission for persons under investigation for Ebola virus disease in the United States. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/hcp/interim-guidance-specimen-collection-submission-patients-suspected-infection-ebola.html>.
  • CDC. Interim U.S. guidance for monitoring and movement of persons with potential Ebola virus exposure. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/monitoring-and-movement-of-persons-with-exposure.html>.
  • CDC. Guidance on personal protective equipment to be used by healthcare workers during management of patients with Ebola virus disease in U.S. hospitals, including procedures for putting on (donning) and removing (doffing). Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/hcp/procedures-for-ppe.html>.
  • CDC. Q&A’s about the transport of pediatric patients (<18 years of age) under investigation or with confirmed Ebola. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/healthcare-us/emergency-services/transporting-pediatric-patients.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ