一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)妊婦におけるインフルエンザワクチン接種率 ― アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/09/18Vol. 64 / No. 36

MMWR64(36):1000-1005
Influenza Vaccination Coverage Among Pregnant Women — United States, 2014–15 Influenza Season

妊婦におけるインフルエンザワクチン接種率 ― アメリカ、2014~2015年インフルエンザシーズン

妊婦および乳児はインフルエンザ関連合併症および入院のリスクが高い。Advisory Committee on Immunization Practicesおよびアメリカ産科婦人科学会は、インフルエンザシーズンに妊娠中または妊娠予定の女性に対し、妊娠月数に関わらず、インフルエンザワクチンの接種を推奨している。CDCは、2014~2015年インフルエンザシーズンにおける妊婦のワクチン接種について2015年3月31日~4月6日にインターネットパネル調査を実施した。2014年10月~2015年1月のいずれかの時点で妊娠中であった女性1,702名において、2014年7月1日以降に受けたワクチンの接種率は50.3%であり(妊娠前:15.3%、妊娠中:35.0%)、2013~2014年シーズン(52.2%)と同程度であった。人種/民族別では、非ヒスパニック系黒人(38.9%)は非ヒスパニック系白人(51.9%)に比べ接種率が低く、その他の調査項目ごとに接種率が低かった層は、35歳未満、大卒以下の学歴、未婚、公的医療保険加入または医療保険未加入、未就労、貧困層、合併症のリスクが低い、2014年7月以降の医療機関受診回数が5回以下、インフルエンザワクチンの効果と安全性について否定的またはインフルエンザ感染に無関心、であった。2014年7月以降に1回以上医療機関を受診し、医師による接種の勧奨および接種機会の提供があった場合の接種率は67.9%と高く、医師による勧奨のみの場合(33.5%)および接種の勧奨も機会の提供もなかった場合(8.5%)には接種率は低かった。接種を受けた理由として、乳児の感染予防(33.1%)、自分自身の予防(21.4%)、医療者からの勧め(15.0%)などが挙げられ、接種を受けなかった理由としては、ワクチンの予防効果が疑問(17.2%)、自分への接種が乳児にもたらすリスク(14.5%)、ワクチンによるインフルエンザ感染(13.6%)などが挙げられた。以上の結果から、妊婦におけるワクチン接種率向上のためには、医療者による教育およびワクチン接種の勧奨、接種機会の拡大が重要であることが示唆された。

References

  • CDC. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), United States, 2013–14. MMWR Recomm Rep 2013;62(No. RR-07):1–43.
  • American Congress of Obstetricians and Gynecologists Committee on Obstetric Practice and Immunization Expert Work Group. ACOG committee opinion no. 468: influenza vaccination during pregnancy. Obstet Gynecol 2014;124:648–51.
  • Ding H, Black CL, Ball S, et al. Influenza vaccination coverage among pregnant women—United States, 2013–14 influenza season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:816–21.
  • The Community Preventive Services Task Force. Increasing appropriate vaccination: health care system-based interventions implemented in combination. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, the Community Preventive Services Task Force; 2015. Available at <http://www.thecommunityguide.org/vaccines/healthsysteminterventions.html>.
  • American College of Obstetricians and Gynecologists. ACOG committee opinion no. 558: Integrating immunizations into practice. Obstet Gynecol 2013;121:897–903.
  • Lindley MC, Wortley PM, Winston CA, Bardenheier BH. The role of attitudes in understanding disparities in adult influenza vaccination. Am J Prev Med 2006;31:281–5.
  • Fiscella K. Commentary—anatomy of racial disparity in influenza vaccination. Health Serv Res 2005;40:539–49.
  • Flannery B, Clippard J, Zimmerman RK, et al. Early estimates of seasonal influenza vaccine effectiveness—United States, January 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:10–5.
  • Lu P-J, Santibanez TA, Williams WW, et al. Surveillance of influenza vaccination coverage—United States, 2007–2008 through 2011–12 influenza seasons. MMWR Surveill Summ 2013;62(No. SS-04):1–28.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ