一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)医療従事者におけるインフルエンザワクチン接種率 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2015/09/18Vol. 64 / No. 36

MMWR64(36):993-999
Influenza Vaccination Coverage Among Health Care Personnel — United States, 2014–15 Influenza Season

医療従事者におけるインフルエンザワクチン接種率 ― アメリカ、2014~2015年インフルエンザシーズン

医療従事者(HCP)およびその患者におけるインフルエンザ関連疾病の罹患率/死亡率の低下とHCPの離職期間を短縮するため、Advisory Committee on Immunization PracticesはすべてのHCPに対し、インフルエンザワクチンの毎年の接種を勧奨している。CDCは、2014~2015年インフルエンザシーズンにおけるワクチン接種について、2015年3月31日~4月15日の間、HCPを対象にインターネットパネル調査を行い、計1,914名の回答を得た。その結果、2014~2015年シーズンにおけるHCPのインフルエンザワクチン接種率は77.3%であり、2013~2014年シーズンの75.2%と同程度で、2010~2011年シーズンよりも13.8%ポイント上昇した。職場別では、病院(90.4%)で最も高く、長期療養施設(LTC:63.9%)で最も低かった。職種別では、薬剤師(95.3%)が最も高く、次いで看護師(89.0%)、医師(88.9%)、助手/介助者(64.4%)は最も低かった。中でも、病院勤務者[薬剤師(96.1%)、診療看護師/医師助手(93.4%)、看護師(93.4%)、医師(90.4%)]で高く、LTC勤務者[助手/介助者(59.8%)、非臨床HCP(管理支援職および非臨床スタッフ:67.3%)]で低かった。職場で接種を義務づけられたのは、病院勤務者で最も高く(64.8%)、LTC勤務者で最も低く(26.0%)、それぞれの接種率は97.2%および97.3%であった。義務ではないが、無料のワクチン接種機会が複数日ある、または1日のみある職場に勤務するHCPの接種率は高く(それぞれ83.9%、73.6%)、職場での接種機会はないが、他の方法での接種を勧奨/援助する職場では59.5%であり、義務づけ、職場での接種機会、勧奨/援助のいずれもない職場における接種率は44.0%と低かった。以上の結果から、HCPおよび患者のインフルエンザ感染を予防するためには、HCPに対するワクチン接種の義務づけや、職場における無料の接種機会の提供を含む総合的な対策が重要であることが示唆された。

References

  • CDC. Immunization of health-care personnel: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2011;60(No. RR-7).
  • Carman WF, Elder AG, Wallace LA, et al. Effects of influenza vaccination of health-care workers on mortality of elderly people in long-term care: a randomised controlled trial. Lancet 2000;355:93–7.
  • Hayward AC, Harling R, Wetten S, et al. Effectiveness of an influenza vaccine programme for care home staff to prevent death, morbidity, and health service use among residents: cluster randomised controlled trial. BMJ 2006;333:1241.
  • Lemaitre M, Meret T, Rothan-Tondeur M, et al. Effect of influenza vaccination of nursing home staff on mortality of residents: a cluster-randomized trial. J Am Geriatr Soc 2009;57:1580–6.
  • Saxén H, Virtanen M. Randomized, placebo-controlled double blind study on the efficacy of influenza immunization on absenteeism of health care workers. Pediatr Infect Dis J 1999;18:779–83.
  • Black CL, Yue X, Ball SW, et al. Influenza vaccination coverage among health care personnel—United States, 2013–14 influenza season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:805–11.
  • Community Preventive Services Task Force. Interventions to promote seasonal influenza vaccinations among healthcare workers. Atlanta, GA: The Guide to Community Preventive Services; 2008. Available at <http://www.thecommunityguide.org/worksite/flu-hcw.html>.
  • Hollmeyer H, Hayden F, Mounts A, Buchholz U. Review: interventions to increase influenza vaccination among healthcare workers in hospitals. Influenza Other Respir Viruses 2013;7:604–21.
  • Lindley MC, Bridges CB, Strikas RA, et al. Influenza vaccination performance measurement among acute care hospital-based health care personnel—United States, 2013–14 influenza season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:812–5.
  • CDC. Surveillance of influenza vaccination coverage—United States, 2007–08 through 2011–12 influenza seasons. MMWR Surveill Summ 2013;62(No. SS-04).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ