一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)エボラウイルス病 ― シエラレオネおよびギニア、2・・・

MMWR抄訳

rss

2015/09/11Vol. 64 / No. 35

MMWR64(35):981-984
Ebola Virus Disease — Sierra Leone and Guinea, August 2015

エボラウイルス病 ― シエラレオネおよびギニア、2015年8月

西アフリカにおけるエボラウイルス病の流行は2013年末からギニアにて始まり、2014年初めに拡散、2014年半ばにはギニア、リベリアおよびシエラレオネの複数の郡にて感染が確認され、WHOは2014年8月8日、Public Health Emergency of International Concernとしてアウトブレイクを宣言した。リベリアでは2015年7月12日以降、感染例の報告はないが、ギニアおよびシエラレオネでは感染が継続しており、2015年8月、ギニアにて10例、シエラレオネにて4例が確診されている(ピークは2014年11月にてそれぞれ526例、1,997例)。2014年1月~2015年8月、シエラレオネでは13,609例(うち確診例:8,698例、63.9%)が国内14郡すべてから報告され、3,953例(29.0%)が死亡した。8月には22日間、報告例のない期間があったが、8月29日、カンビア郡にて成人女性の確診例が死亡し、現在、感染経路について調査が行われている。接触例の追跡は2014年11月には1日平均15,361例が対象となっていたが、2015年8月には334例に減少している。また、ギニアでは国内33県のうち26県(79%)から少なくとも1例の確診例が報告され、全体で3,792例(うち確診例:3,337例、88.0%)、2,529例(66.7%)が死亡した。8月にはフォレカリア、デュブレカ郡およびコナクリ郡の首都から報告されており、接触例の追跡は2014年11月のピーク時には1日平均3,394例が対象となっていたが、2015年8月には平均728例に減少している。コナクリ郡の症例は医学部の学生であり、診断される前にルームメイトの訪問者と接触、このルームメイトの訪問者は後にエボラウイルス病を発症し、12台のタクシーを利用して複数の医療機関を受診していた。その後、母親、従兄弟、タクシーの運転手、その他の人に感染した。これら2つの国ではアウトブレイクのコントロールが進んでいるが、感染は継続して認められており、症例の確認と隔離、接触例の特定を迅速に行うことが重要である。

References

  • Baize S, Pannetier D, Oestereich L, et al. Emergence of Zaire Ebola virus disease in Guinea. N Engl J Med 2014;371:1418–25.
  • Dixon MG, Schafer IJ. Ebola viral disease outbreak—West Africa, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:548–51.
  • Kennedy M. The Guardian. WHO declares Ebola outbreak an international public health emergency. August 8, 2014. Available at <http://www.theguardian.com/society/2014/aug/08/who-ebola-outbreak-international-public-health-emergency>.
  • Dhillon RS, Kelly JD. Community trust and the Ebola endgame. N Engl J Med 2015;373:787–9.
  • Ebola ça Suffit Ring Vaccination Trial Consortium. The ring vaccination trial: a novel cluster randomised controlled trial design to evaluate vaccine efficacy and effectiveness during outbreaks, with special reference to Ebola. BMJ 2015;351:h3740.
  • Henao-Restrepo AM, Longini IM, Egger M, et al. Efficacy and effectiveness of an rVSV-vectored vaccine expressing Ebola surface glycoprotein: interim results from the Guinea ring vaccination cluster-randomised trial. Lancet 2015;386:857–66.
  • World Health Organization. Emergencies preparedness, response. Criteria for declaring the end of the Ebola outbreak in Guinea, Liberia or Sierra Leone. Available at <http://www.who.int/csr/disease/ebola/declaration-ebola-end/en/>.
  • Rodriguez LL, De Roo A, Guimard Y, et al. Persistence and genetic stability of Ebola virus during the outbreak in Kikwit, Democratic Republic of the Congo, 1995. J Infect Dis 1999;179(Suppl 1):S170–6.
  • Christie A, Davies-Wayne GJ, Cordier-Lasalle T, et al. Possible sexual transmission of Ebola virus—Liberia, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:479–81.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ