一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)ジフテリア・破傷風トキソイド・無細胞性百日咳吸着・・・・

MMWR抄訳

rss

2015/09/04Vol. 64 / No. 34

MMWR64(34):948-949
Licensure of a Diphtheria and Tetanus Toxoids and Acellular Pertussis Adsorbed and Inactivated Poliovirus Vaccine and Guidance for Use as a Booster Dose

ジフテリア・破傷風トキソイド・無細胞性百日咳吸着・不活化ポリオウイルスワクチンの認可と追加投与としての使用のガイダンス

2015年3月24日、FDAは混合ジフテリア・破傷風トキソイド・無細胞百日咳吸着(DTaP)・不活化ポリオウイルス(IPV)ワクチン(DTaP-IPV、Quadracel)を認可した。Quadracelは、4~6歳の小児に対する使用をアメリカで承認された2番目のDTaP-IPVである。また、DTaP-IPV-Hib(Pentacel)やDTaP(Daptacel)の投与を4回受けた4~6歳児に対し、 DTaPシリーズの5回目またはIPVシリーズの4回または5回目の投与として承認されている。Quadracel投与量中に含まれる抗原[ジフテリア、破傷風トキソイド、百日咳抗原(百日咳トキソイド、線維状赤血球凝集素、パータクチン、線毛2型または3型)、不活化ポリオウイルス1~3型]は、DTaP-IPV-Hib(Pentacel)と一致している。Quadracelは防腐剤を含まず、筋肉注射により投与される。アメリカの4~6歳の小児において実施された臨床試験では、Quadracelと別々に投与されたDTaP(Daptacel)およびIPV(Ipol)ワクチンの安全性および反応原プロファイルは、麻疹、おたふく風邪、風疹、水痘ワクチンの同時投与された2回目の接種の有無にかかわらず同等であった。Quadracelは4歳未満および7歳以上の小児に投与されるべきではない。もし、何らかの事情によりDTaPやIPVの早期の投与のために4歳未満で投与される時、および最小の投与間隔が必要とされる時は、その投与はDTaPやIPVシリーズの有効な回数としてみなされ、追加の投与は必要ないが、IPVシリーズの最終投与は過去の投与回数にかかわらず4歳以上で投与し、前回からの投与間隔は最低6カ月必要である。異なる製造者からのDTaPワクチンの交換の安全性および免疫原生に関するデータは限られている。ACIPは、可能であれば同じ製造者のDTaP ワクチンをシリーズ中の各回の投与に使用することを推奨している。

References

  • CDC. Licensure of a diphtheria and tetanus toxoids and acellular pertussis adsorbed and inactivated poliovirus vaccine and guidance for use as a booster dose. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2008;57:1078–9.
  • Strikas RA; Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP); ACIP Child/Adolescent Immunization Work Group. Advisory committee on immunization practices recommended immunization schedules for persons aged 0 through 18 years—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:93–4.
  • Food and Drug Administration. Product approval information: package insert. Quadracel (diphtheria and tetanus toxoids and acellular pertussis adsorbed and inactivated poliovirus vaccine). Available at <http://www.fda.gov/downloads/BiologicsBloodVaccines/Vaccines/ApprovedProducts/UCM439903.pdf>.
  • CDC. Advisory Committee on Immunization Practices. Vaccines for Children Program. Vaccines to prevent diphtheria, tetanus and pertussis. Resolution No. 10/12–1. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/programs/vfc/downloads/resolutions/1012-1-dtap.pdf>.
  • Food and Drug Administration. Product approval information: package insert. Pentacel (diphtheria and tetanus toxoids and acellular pertussis adsorbed, inactivated poliovirus) and Haemophilus b conjugate (tetanus toxoid conjugate) vaccine). Available at <http://www.fda.gov/downloads/BiologicsBloodVaccines/Vaccines/ApprovedProducts/UCM109810.pdf>.
  • CDC. General recommendations on immunization—recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2011;60(No. RR-2):1–64.
  • CDC. Updated recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) regarding routine poliovirus vaccination. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2009;58:829–30.
  • Greenberg DP, Pickering LK, Senders SD, et al. Interchangeability of 2 diphtheria-tetanus-acellular pertussis vaccines in infancy. Pediatrics 2002;109:666–72.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ