一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)ハイスクールの運動選手における燃焼式および無煙タバ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/09/04Vol. 64 / No. 34

MMWR64(34):935-939
Combustible and Smokeless Tobacco Use Among High School Athletes — United States, 2001–2013

ハイスクールの運動選手における燃焼式および無煙タバコの使用 ― アメリカ、2001~2013年

運動選手は一般的に健康に留意し、体型や競技成績の向上を望むため、燃焼式タバコ製品の喫煙リスクは高くない一方、無煙タバコを使用する傾向にある。無煙タバコの使用は膵臓、食道、口腔がんの発生に関連する。成人喫煙者のほとんどが18歳以前に喫煙を始めていることから、ハイスクールの運動選手および非運動選手における燃焼式(紙巻きタバコ、葉巻)および無煙(噛みタバコ、嗅ぎタバコ、湿潤嗅ぎタバコ)の使用状況について調査した。2001~2013年のYouth Risk Behavior Surveyの自記入式調査票データを用い、ハイスクール生(9~12学年)の最近30日間に1回以上の喫煙および運動チーム所属状況について分析した。2001~2013年、ハイスクール生の喫煙率は、全タバコ製品(33.9%から22.4%)および燃焼式タバコ製品(31.5%から19.5%)ともに有意に減少した。同期間の減少傾向は、全タバコ製品では第11学年を除く全サブグループ(性別、学年、人種/民族および運動状況)、燃焼式タバコ製品では全サブグループにおいて同様に認められた。一方、無煙タバコ使用率の有意な上昇は、第12学年(8.7%から9.4%)および運動選手(10.0%から11.1%)に見られた。運動選手においては、男性(16.8%から17.4%)、女性(2.2%から3.4%)、第11学年(11.8%から13.6%)および12学年(11.1%から12.2%)、ヒスパニック系生徒(6.3%から8.0%)において有意に上昇した。非運動選手においては、総計は5.9%から5.9%へと変化なく、ヒスパニック系生徒(1.9%から3.1%)にのみ有意な上昇が認められた。2013年、所属運動チーム数と喫煙率の関係は、チーム数0、1、2、3に対し燃焼式タバコ喫煙率は21.3%、19.6%、17.1%、15.8%と有意に逆相関し、無煙タバコ喫煙率は5.9%、10.2%、11.5%、12.5%と有意に相関した。2013年、非運動選手と比較して運動選手の調整オッズ比(1.77)は無煙タバコで有意に高く、燃焼式タバコ(0.80)で有意に低かった。以上の結果から、全ての形状のタバコ製品がもたらす健康リスクに関し、運動選手を対象にしたより重点的な喫煙管理および予防策が必要であることが示唆された。

References

  • Terry-McElrath YM, O’Malley PM, Johnston LD. Exercise and substance use among American youth, 1991–2009. Am J Prev Med 2011;40:530–40.
  • Severson HH, Klein K, Lichtensein E, Kaufman N, Orleans CT. Smokeless tobacco use among professional baseball players: survey results, 1998 to 2003. Tob Control 2005;14:31–6.
  • Walsh MM, Ellison J, Hilton JF, Chesney M, Ernster VL. Spit (smokeless) tobacco use by high school baseball athletes in California. Tob Control 2000;9(Suppl 2):II32–9.
  • International Agency for Research on Cancer. IARC monographs on the evaluation of carcinogenic risks to humans: personal habits and indoor combustions. Vol. 100E. Lyon, France: International Agency for Research on Cancer, World Health Organization; 2012. Available at <http://monographs.iarc.fr/ENG/Monographs/vol100E/index.php>.
  • US Department of Health and Human Services. Preventing tobacco use among youth and young adults: a report of the surgeon general. Atlanta, GA: U.S. Department of Health and Human Services, CDC; 2012.
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking: 50 years of progress: a report of the surgeon general. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress>.
  • Myers KA. Cigarette smoking: an underused tool in high-performance endurance training. CMAJ 2010;182:E867–9.
  • The Oral Cancer Foundation. Sports figures. Newport Beach, CA: The Oral Cancer Foundation; 2014. Available at <http://www.oralcancerfoundation.org/people/sports-figures.php>.
  • Carpenter CM, Connolly GN, Ayo-Yusuf OA, Wayne GF. Developing smokeless tobacco products for smokers: an examination of tobacco industry documents. Tob Control 2009;18:54–9.
  • US Census Bureau. School enrollment: current population survey 2013 [detailed tables]. Washington, DC: US Census Bureau. Available at <https://www.census.gov/hhes/school/data/cps/2013/tables.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ