一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)型特異性ポリオ根絶後のポリオウイルスの封じ込めに関・・・

MMWR抄訳

rss

2015/08/28Vol. 64 / No. 33

MMWR64(33):913-917
World Health Organization Guidelines for Containment of Poliovirus Following Type-Specific Polio Eradication — Worldwide, 2015

型特異性ポリオ根絶後のポリオウイルスの封じ込めに関する世界保健機関ガイドライン ― 全世界、2015年

1988年、WHOの世界保健総会にて世界的なポリオ根絶が宣言され、野生型ポリオウイルス(WPV)2型(WPV2)は1999年以降消失し、WPV3型は2012年以降報告されておらず、WPV1型は2015年、アフガニスタンとパキスタンのみで伝播が認められている。2015年5月25日、WPVおよびワクチン由来ポリオウイルス(VDPV)の封じ込めを目標とした世界保健総会のポリオ根絶および終盤戦略計画(Polio Eradication and Endgame Strategic Plan 2013-2018(Endgame Plan)およびポリオウイルス施設関連リスク最小化のための第3次世界的行動計画(Global Action Plan to minimize poliovirus facility-associated risk:GAPIII)が採択された。GAPIIIは3段階から構成され、第I段階は現在進行中であり、2015年10月までにすべてのWPV2(cVCPV2を含む)の世界的封じ込めを目標とする。また、2型経口ポリオウイルスワクチン(OPV2)およびSabin2型経口生ワクチン(Sabin2)は3価OPV(tOPV)から2価OPV(bOPV)へ変更後3カ月は継続する。WPV2/VDPV2およびOPV2/Sabin2、便や呼吸器検体を取り扱うすべての施設での封じ込めの基準が満たされた後、2016年1月より第II段階に入る。IIa段階はOPV2の接種中止よりWHOの全6地域でのWPV根絶までとし、IIb段階はtOPVからbOPVへの変更後3カ月以内(2016年4月)より、世界的にbOPVが中止されるまで(計画ではWPV根絶から1年後)とされる。第III段階はbOPV中止から3カ月以内に開始され、IIIa段階ではポリオ根絶後、すべてのWPVの封じ込めを目標とし、IIIb段階ではすべてのOPVポリオウイルスを最終的に封じ込める。関連施設では第II段階の開始よりWPV2の取り扱いと保存が禁じられ、第III段階では最終的にOPV/Sabinの取り扱いと保存が禁止される。

References

  • Hagan JE, Wassilak SGF, Craig AS, et al. Progress toward polio eradication—worldwide, 2014–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:527–31.
  • World Health Organization. Poliomyelitis. Geneva, Switzerland: Sixty-eighth World Health Assembly Resolution WHA68.3, May 26, 2015. Available at <http://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_files/WHA68/A68_R3-en.pdf>.
  • Global Polio Eradication Initiative. Polio Eradication and Endgame Strategic Plan 2013–2018. Geneva, Switzerland: Global Polio Eradication Initiative; 2013. Available at <http://www.polioeradication.org/portals/0/document/resources/strategywork/endgamestratplan_20130414_eng.pdf>.
  • World Health Organization. GAPIII: WHO global action plan to minimize poliovirus facility-associated risk. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. Available at <http://www.polioeradication.org/Portals/0/Document/Resources/PostEradication/GAPIII_2014.pdf>.
  • Immunization Systems Management Group of the Global Polio Eradication Initiative. Introduction of inactivated poliovirus vaccine and switch from trivalent to bivalent oral poliovirus vaccine—worldwide, 2013–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:699–702.
  • Platt LR, Estívariz CF, Sutter RW. Vaccine-associated paralytic poliomyelitis: a review of the epidemiology and estimation of the global burden. J Infect Dis 2014;210(Suppl 1):S380–9.
  • Diop OM, Burns CC, Sutter RW, Wassilak SG, Kew OM. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, January 2014–March 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:640–6.
  • European Committee for Standardization. Laboratory biorisk management. CEN Workshop Agreement 15793:2011, September 2011. Available at <http://www.uab.cat/doc/CWA15793_2011>.
  • World Health Organization. The switch from tOPV to bOPV Implementation guidelines. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. Available at <http://www.who.int/immunization/diseases/poliomyelitis/endgame_objective2/oral_polio_vaccine/switch_guidelines-april2015.pdf?ua=1>.
  • Dowdle W, van der Avoort H, de Gourville E, et al. Containment of polioviruses after eradication and OPV cessation: characterizing risks to improve management. Risk Anal 2006;26:1449–69.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ