一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)メタンフェタミンに関連した化学事故による負傷 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/08/28Vol. 64 / No. 33

MMWR64(33):909-912
Injuries from Methamphetamine-Related Chemical Incidents — Five States, 2001–2012

メタンフェタミンに関連した化学事故による負傷 ― 5州、2001~2012年

メタンフェタミン(meth)は中毒性の高い薬であるが、容易に入手できる化学薬品から違法に合成することができるため、製造過程での火事や爆発による負傷、周囲の環境汚染などが問題となっている。2001~2012年、ルイジアナ州、オレゴン州、ユタ州、ニューヨーク州およびウィスコンシン州にて、methに関連する化学事故がAgency for Toxic Substances Emergency Events SurveillanceシステムおよびNational Toxic Substance Incidents Programに計1,325件報告されている。年次推移は2001~2004年まで増加した後、2007年までは減少、その後2012年まで再度増加していた。負傷者が出た事故は87件(6.6%)、162名が負傷し、少なくとも26名(16%)は小児であった。病院で治療を受けた負傷者は136名(84%、うち小児19名)、入院した負傷者は36名(22%、うち小児19名)であり、2名(ともに成人)が死亡している。期間別では2001~2004年:32件(4.8%)、負傷者57名、2005~2007年:11件(5.0%)、44名、2008~2012年:44件(10.1%)、61名であり、負傷の種類は呼吸器刺激(44%)、化学熱傷または温度熱傷(27%)、眼刺激(22%)が多かった。また、負傷者は一般人がもっとも多く(97名)、警察官(42名)、事故の起きた場所(ホテル、モーテル、廃ビル)や治療施設の労働者(14名)、消防士(7名)などであり、一般人は熱傷が多く、警察官などは呼吸器刺激や眼刺激が多かった。最近のmethに関連する化学事故の増加は、州による法的措置が結果として近隣の州における違法なmeth製造を増加させているためと考えられ、地域での対策が推奨される。

References

  • Melnikova N, Welles WL, Wilburn RE, Rice N, Wu J, Stanbury M. Hazards of illicit methamphetamine production and efforts at reduction: data from the hazardous substances emergency events surveillance system. Public Health Rep 2011;126(Suppl 1):116–23.
  • The combat methamphetamine epidemic act of 2005. Pub.L.No.109–177, Sec.701–56, 120 Stat.192, 256–77. March 9, 2006.
  • Office of National Drug Control Policy, Executive Office of the President. Fact sheet: methamphetamine trends in the United States. July 2010. Available at <http://www.whitehouse.gov/sites/default/files/ondcp/Fact_Sheets/pseudoephedrine_fact_sheet_7-16-10_0.pdf>.
  • Burke BA, Lewis RW 2nd, Latenser BA, et al. Methamphetamine-related burns in the cornbelt. J Burn Care Res 2008;29:574–9.
  • Trachtman WC, Xiaoping N, Syed AA, Koehler AN. Considerable increase in methamphetamine events Louisiana, 2011. Louisiana Morbidity Report 2012;23:2–6. Available at <http://new.dhh.louisiana.gov/assets/oph/Center-PHCH/Center-CH/infectious-epi/LMR/2011-2020/2012/marapr12.pdf>.
  • Office of National Drug Control Policy, Executive Office of the President. Controlling precursor chemicals. Available at <http://www.whitehouse.gov/ondcp/precursor-chemicals>.
  • CDC. Public health consequences among first responders to emergency events associated with illicit methamphetamine laboratories—selected states, 1996–1999. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2000;49:1021–4.
  • Horton DK, Berkowitz Z, Kaye WE. The acute health consequences to children exposed to hazardous substances used in illicit methamphetamine production, 1996 to 2001. J Child Health 2003;1:99–108.
  • US Environmental Protection Agency. Voluntary guidelines for methamphetamine laboratory cleanup. Revised edition: March 2013. Available at <http://www2.epa.gov/sites/production/files/documents/meth_lab_guidelines.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ