一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)学校給食における果物、野菜および全粒穀物の増量と塩・・・

MMWR抄訳

rss

2015/08/28Vol. 64 / No. 33

MMWR64(33):905-908
School-Level Practices to Increase Availability of Fruits, Vegetables, and Whole Grains, and Reduce Sodium in School Meals — United States, 2000, 2006, and 2014

学校給食における果物、野菜および全粒穀物の増量と塩分低減に関する学校レベルの現状 ― アメリカ、2000年、2006年および2014年

2012年、アメリカ農務省(USDA)は学校給食に関する新しい栄養基準を発表、この新しい基準では果物、野菜および全粒穀物を増やし、10年以上にわたり塩分含量を徐々に減らすことが求められている。今回、CDCは学校給食の果物、野菜、全粒穀物および塩分に関する2000年、2006年、2014年のSchool Health Policies and Practices Studyデータを分析した(分析対象校は2000年:841校、2006年:944校、2014年:554校)。2014年、全粒穀物を毎日朝食に出している学校は97.2%(小学校:98.4%、中学校:98.8%、高校:93.1%)、昼食に出している学校は94.4%(それぞれ94.2%、94.1%、95.5%)であり、昼食に2種類以上の生野菜を出している学校は79.4%(79.5%、78.0%、80.9%)、2種類以上の果汁100%のジュースを出している学校は78.0%(74.9%、77.2%、86.8%)、また、セルフサービスのサラダバーのある学校は30.5%(28.6%、31.2%、34.7%)であった。減塩に関しては、缶入りの野菜の代わりに生または冷凍野菜を使用する学校が54.1%、塩分量の少ない缶入り野菜を使用する学校が51.8%、塩の代わりに他の調味料を使用する学校が65.1%、さらにレシピの塩分量を減らす、または低塩レシピを使用する学校が34.1%認められた。これら9つの対策のうち、少なくとも1つの対策を実施する学校は97.5%であり、1~3対策:23.9%、4~6対策は48.3%、25.3%の学校は7対策以上を実施していた。また、2000年および2006年において昼食に2種類以上の生野菜を出している学校は68.1%、66.3%、2種類以上の果汁100%のジュースを出している学校は68.1%、66.3%と2014年に比べ有意に少なく、減塩に関する対策の実施校も2014年に比べ有意に少なかった。以上、2012年以降、新しい栄養基準への対策を実施する学校が全国的に増加していることが示された。

References

  • Story M. The third School Nutrition Dietary Assessment Study: findings and policy implications for improving the health of US children. J Am Diet Assoc 2009;109(Suppl):S7–13.
  • Institute of Medicine. 2010. School meals: building blocks for healthy children. Washington, DC: The National Academies Press.
  • US Department of Agriculture and US Department of Health and Human Services. Dietary guidelines for Americans, 2010. 7th ed. Washington, DC: US Government Printing Office; 2010. Available at <http://www.health.gov/dietaryguidelines>.
  • Krebs-Smith SM, Guenther PM, Subar AF, Kirkpatrick SI, Dodd KW. Americans do not meet federal dietary recommendations. J Nutr 2010;140:1832–8.
  • Kim SA, Moore LV, Galuska D, et al. Vital signs: fruit and vegetable intake among children—United States, 2003–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:671–6.
  • CDC. Trends in the prevalence of excess dietary sodium intake—United States, 2003–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:1021–5.
  • Condon EM, Crepinsek MK, Fox MK. School meals: types of foods offered to and consumed by children at lunch and breakfast. J Am Diet Assoc 2009;109(Suppl):S67–78.
  • Clark MA, Fox MK. Nutritional quality of the diets of US public school children and the role of the school meal programs. J Am Diet Assoc 2009;109(Suppl):S44–56.
  • The Pew Charitable Trusts and the Robert Wood Johnson Foundation. Serving healthy school meals: US schools need updated kitchen equipment. Philadelphia, PA: The Pew Charitable Trusts and Princeton, NJ: Robert Wood Johnson Foundation; 2013. Available at <https://schoolnutrition.org/uploadedFiles/Resources_and_Research/Research/KITSEquipmentReport.pdf>.
  • Harris DM, Seymour J, Grummer-Strawn L, et al. Let’s move salad bars to schools: a public-private partnership to increase student fruit and vegetable consumption. Child Obes 2012;8:294–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ