一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)全国、州および特定地域ごとにおける19~35カ月齢・・・

MMWR抄訳

rss

2015/08/28Vol. 64 / No. 33

MMWR64(33):889-896
National, State, and Selected Local Area Vaccination Coverage Among Children Aged 19–35 Months — United States, 2014

全国、州および特定地域ごとにおける19~35カ月齢児のワクチン接種率 ― アメリカ、2014年

2014年のNational Immunization Surveyデータより、全国、州および特定地域において2011年1月~2013年5月に生まれた小児(19~35カ月齢)のワクチン接種率について報告する。2014年におけるワクチン接種率は前年から大きな変動はなく、A型肝炎ワクチン(HepA)の1回以上接種率が2.0%ポイント(2013年:83.1±1.2、2014年:85.1±1.1%)、2回以上接種率は2.8%ポイント(2013年:54.7±1.6、2014年:57.5±1.6%)増加していた。Healthy People 2020の目標値にはポリオ(3回以上):93.3%、麻疹・流行性耳下腺炎・風疹ワクチン(MMR)(1回以上):91.5%、B型肝炎ワクチン(HepB)(3回以上):91.6%、水痘(1回以上):91.0%のワクチン接種率が達していた。人口統計学的には非ヒスパニック系白人小児に比べ、非ヒスパニック系黒人小児にてジフテリア・破傷風・非細胞性百日咳ワクチン(DTaP)、B型インフルエンザ菌(Hib)(完了)、PCV、ロタウイルスおよび混合シリーズ(4:3:1:3:3:1:4)の接種率が低く、また、連邦貧困水準以下の小児ではDTaP、ポリオ、Hib、PCV、ロタウイルスおよび混合シリーズの接種率が低かった。地域別では、MMR接種率はメイン州にて最も高く(97.2%)、アリゾナ州にて最も低かった(84.1%)。DTaP(4回以上)はメイン州(93.1%)~ワイオミング州(72.8%)、HepB(出生時)はノースダコタ州(88.4%)~バーモント州(48.4%)、HepA(2回以上)はコネチカット州(69.0%)~バーモント州(32.7%)、ロタウイルスはロードアイランド州(88.8%)~ミシガン州(59.2%)、混合シリーズはメイン州(84.7%)~ウエストバージニア州(63.4%)であった。今後は地域および人口統計学的な接種率の差を是正し、ワクチンにより予防可能な疾患の発症率抑制のため、高い接種率を維持することが重要である。

References

  • CDC. Ten great public health achievements—United States, 2001‒2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:619–23.
  • Whitney CG, Zhou F, Singleton J, Schuchat A. Benefits from immunization during the Vaccines for Children program era—United States, 1994–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:352–5.
  • CDC. State and national vaccination coverage levels among children aged 19–35 months—United States, April–December 1994. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 1995;44:613, 619, 621–3.
  • Strikas RA. CDC; Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP); ACIP Child/Adolescent Immunization Work Group. Advisory Committee on Immunization Practices recommended immunization schedules for persons aged 0 through 18 years—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:93–4.
  • Community Preventive Services Task Force. Increasing appropriate vaccination: universally recommended vaccinations. The Guide to Community Preventive Services. Available at <http://www.thecommunityguide.org/vaccines/universally/index.html>.
  • Miller RM, Hayney MS. Immunization information systems: a decade of progress. J Am Pharm Assoc 2015;55:104–5.
  • Clemmons NS, Gastanaduy PA, Fiebelkorn AP, Redd SB, Wallace GS. Measles—United States, January 4–April 2, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:373–6.
  • Zipprich J, Winter K, Hacker J, Xia D, Watt J, Harriman K. Measles outbreak—California, December 2014–February 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:153–4.
  • CDC. Pertussis outbreak trends. Available at <http://www.cdc.gov/pertussis/outbreaks/trends.html>.
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among children aged 19–35 months—United States, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:733–40.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ