一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)乗用車およびトラック洗浄からの職業的なフッ化水素酸・・・

MMWR抄訳

rss

2015/08/21Vol. 64 / No. 32

MMWR64(32):874-877
Occupational Hydrofluoric Acid Injury from Car and Truck Washing — Washington State, 2001–2013

乗用車およびトラック洗浄からの職業的なフッ化水素酸損傷 ― ワシントン州、2001~2013年

フッ化水素酸(HF)は、どの曝露経路を介しても健康に重大な影響を及ぼす。HF溶液の眼への曝露は刺激とともに永久的な目の損傷の可能性があり、皮膚への曝露は腐食性薬品による熱傷、局所の細胞破壊、筋肉および骨壊死の原因となる皮膚の貫通を引き起こす。また、全身的には、フッ化物毒性は致死的な心不整脈の原因となる。乗用車およびトラックの洗浄剤、さび取り剤、アルミニウム漂白剤はHFをしばしば含有している。2001~2013年のワシントン州において、オートディテイリングを含む乗用車またはトラック洗浄施設の従業員間でのHF曝露と定義された症例は、死亡者1例、熱傷による入院7例および非入院41例が確認されている。死亡例は38歳男性で、HFをベースとしたトラック洗浄剤を摂取後に死亡した。48例のHFによる化学熱傷症例(年齢中央値29歳、15~62歳、女性3例)の熱傷の深度は、表層(Ⅰ度)、部分的(Ⅱ度)、皮膚全層(Ⅲ度)が含まれ、曝露したHFの濃度は0.5~20%であった。入院した7例のうち2例は外科的介入(デブリードマンおよび分層皮膚移植、焼痂切開)が必要であった。5例は指および手を負傷し、大半がグローブの不適切な使用または未装着であった。入院した患者では、ほぼ全例に曝露の認識および病院への受診の遅れが認められた。1例(15歳)を除き入院した全例が仕事へ復帰したが、2例では永久的な障害が残った。41例の非入院患者の受傷部位は、上肢(16例、頭部および指を含む)、頭部(14例、眼を含む)、下肢(7例)、複数の部位(3例)、体幹(1例)であった。HF曝露は半数近く(24例)がトラック、バン、トレイラ―含む車の洗浄中やオートディテイリング中に生じたが、新車販売業者(7例)でも発生した。トラック運転者(5例)にもリスクがあり、入院7例中3例がトラック運転者であった。HFの曝露は重症の健康転帰の原因となる可能性があるので、HFをベースとした工業的な洗浄製品に代わる危険の少ない製品の開発が求められている。

References

  • National Institute of Health, Division of Industrial Hygiene. Hydrofluoric acid burns. Ind Med 1943;12:412–9.
  • Syeb ST, Noordhoek L, Botens S, Mani MM. A study to determine the efficacy of treatments for hydrofluoric acid burns. J Burn Care Rehab 1995;16:253–7.
  • Genuino HC, Opembe NN, Njagi EC, McClain S, Suib SL. A review of hydrofluoric acid and its use in the car wash industry. J Ind Eng Chem 2012;18:1529–39.
  • Washington Administrative Code (WAC). Chapter 246-101-730 (notifiable conditions). Available at <http://apps.leg.wa.gov/wac>.
  • US Department of Labor Bureau of Labor Statistics. Occupational Injury and Illness Classification Manual. Available at <http://wwwn.cdc.gov/wisards/oiics>.
  • Vohra R, Velez LI, Rivera W, Benitez FL, Delaney KA. Recurrent life-threatening ventricular dysrhythmias associated with acute hydrofluoric acid ingestion: observations in one case and implications for mechanism of toxicity. Clin Toxicol (Phila) 2008;46:79–84.
  • US Census Bureau. North American Industry Classification System, United States, 2012. Available at <http://www.census.gov/eos/www/naics>.
  • United States Census Bureau. Industry Statistics Portal. County business patterns database, Table 2012: county business patterns (NAICS). Available at <http://www.census.gov/econ/isp/sampler.php?naicscode=811192&naicslevel=6>.
  • Blodgett DW, Suruda AJ, Crouch BI. Fatal unintentional occupational poisonings by hydrofluoric acid in the U.S. Am J Ind Med 2001;40:215–20.
  • Spieler EA, Burton JF Jr. The lack of correspondence between work-related disability and receipt of workers’ compensation benefits. Am J Ind Med 2012;55:487–505.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ