一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)飲料水に関連する水系感染症のアウトブレイクに関する・・・

MMWR抄訳

rss

2015/08/14Vol. 64 / No. 31

MMWR64(31):842-848
Surveillance for Waterborne Disease Outbreaks Associated with Drinking Water — United States, 2011–2012

飲料水に関連する水系感染症のアウトブレイクに関するサーベイランス ― アメリカ、2011~2012年

2011~2012年、CDC Waterborne Disease and Outbreak Surveillance Systemに飲料水によるアウトブレイクが14州より32件報告された。これらのアウトブレイクによる患者数は431例、102例(24%)が入院し、14例が死亡した。病原菌は30件(90%)にて明らかとなり、レジオネラ菌が21件(66%)と最も多く、患者数は111例(25.8%)、入院例は91例(89%)、死亡者は全例レジオネラ菌によるものであった。ノロウイルスは2件、138例(32.0%、入院および死亡例なし)、非レジオネラ細菌は3件、90例(20.9%;うち志賀毒素産生性大腸菌:56例、赤痢菌:22例、パントエアアグロメランス:12例)であり、他に寄生虫(2件)、化学物質(1件)などを認めた。アウトブレイクの発生場所は病院/保健施設:16件(50%)、ホテル:4件(13%)、キャンプ/キャビン:3件(9%)が多かった。給水系統別では地域の水道システムが25件(78.1%)、184例(42.7%)を占め、他に非地域システム:5件(222例、51.5%)、容器入り飲料水:2件(25例、5.8%)、水源別では地表水:18件(120例、27.8%)、地下水:11件(261例、60.6%)であった。また、症状は急性胃腸疾患が71.5%ともっとも多く認められた。このような飲料水に関連するアウトブレイクの予防にはビルの給排水システムや地下水系のシステムの定期的な検査と監視が重要であると思われる。

References

  • Cutler D, Miller G. The role of public health improvements in health advances: the twentieth-century United States. Demography 2005;42:1–22.
  • National Primary Drinking Water Regulations: Ground Water Rule. 40 C.F.R. Sect. 141.400 (2006).
  • National Primary Drinking Water Regulations: Revisions to the Total Coliform Rule. 40 C.F.R. Sect. 141.851 (2013).
  • Brunkard JM, Ailes E, Roberts VA, et al. Surveillance for waterborne disease outbreaks associated with drinking water—United States, 2007–2008. MMWR Surveill Summ 2011;60(No. SS-12):38–68.
  • CDC. Surveillance for waterborne disease outbreaks associated with drinking water and other nonrecreational water—United States, 2009–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:714–20.
  • Falkinham JO 3rd, Hilborn ED, Arduino MJ, Pruden A, Edwards MA. Epidemiology and ecology of opportunistic premise plumbing pathogens: Legionella pneumophila, Mycobacterium avium, and Pseudomonas aeruginosa. Environ Health Perspect 2015;123:749–58.
  • Marciano-Cabral F, Jamerson M, Kaneshiro ES. Free-living amoebae, Legionella and Mycobacterium in tap water supplied by a municipal drinking water utility in the USA. J Water Health 2010;8:71–82.
  • US Environmental Protection Agency. Water: septic (onsite/decentralized) systems. Washington, DC: US Environmental Protection Agency; 2014. Available at <http://water.epa.gov/infrastructure/septic/>.
  • Wallender EK, Ailes EC, Yoder JS, Roberts VA, Brunkard JM. Contributing factors to disease outbreaks associated with untreated groundwater. Ground Water 2014;52:886–97.
  • Tostmann A, Bousema T, Oliver I. Investigation of outbreaks complicated by universal exposure. Emerg Infect Dis 2012;18:1717–22.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ