一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)自動車交通事故に関連する自転車運転者の死亡 ― ア・・・

MMWR抄訳

rss

2015/08/14Vol. 64 / No. 31

MMWR64(31):837-841
Bicyclist Deaths Associated with Motor Vehicle Traffic — United States, 1975–2012

自動車交通事故に関連する自転車運転者の死亡 ― アメリカ、1975~2012年

1975~2012年のFatality Analysis Reporting Systemより衝突事故に関するデータを用いて、自転車運転者の死亡に関する動向を分析した。この期間における自転車運転者の死亡者は29,711名であり、年間死亡者数は1975年の955名から2012年には717名に減少し、年間年齢補正死亡率(10万人あたり)は1975年:0.41から2012年:0.23へ44%低下した。また、自動車事故関連の死亡者は1975年:2.3%から2003年:1.4%に減少し、2012年には2.2%に増加していた。年齢別の死亡率は35歳未満および75歳以上にて低下しており、とくに15歳未満にて大きく低下していた。1975年の15歳未満の死亡率(10万人あたり)は1.18と15歳以上(0.25)に比べ4倍以上の高値であったが、2012年は15歳未満で0.09と92%低下し、他の年齢層の死亡率(0.27)の約1/3となった。35~74歳における死亡率はこの期間において有意に増加し(10万人あたり0.11から0.31)、男女別では男性が女性に比べ約6倍高く、2012年における死亡者の87%は男性であった(1977年:79%、2001年:90%)。州別の死亡率は大きな相違があり、2008~2012年の5年間における死亡率はバーモント州にて最も低く(10万人あたり0.04)、フロリダ州にて最も高かった(同0.57)。以上、サイクリングの普及に伴う多面的な安全対策により自転車運転者の死亡率は減少していた。

References

  • Pucher J, Dill J, Handy S. Infrastructure, programs, and policies to increase bicycling: an international review. Prev Med 2010;50(Suppl 1):S106–25.
  • Beck LF, Dellinger AM, O’Neil ME. Motor vehicle crash injury rates by mode of travel, United States: using exposure-based methods to quantify differences. Am J Epidemiol 2007;166:212–8.
  • Santos A, McGuckin N, Nakamoto HY, Gray D, Liss S. Summary of travel trends: 2009 National Household Travel Survey. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration; 2011. Available at <http://nhts.ornl.gov/2009/pub/stt.pdf>.
  • Pucher J, Buehler R, Seinen M. Bicycling renaissance in North America? An update and re-appraisal of cycling trends and policies. Transport Res A-Pol 2011;45:451–75.
  • National Highway Traffic Safety Administration. Traffic safety facts, 2009 data: bicyclists and other cyclists. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration; 2009. Available at <http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/Pubs/811386.pdf>.
  • McKenzie B. The mode less traveled: bicycling and walking to work in the United States 2008–2012. Available at <http://www.census.gov/prod/2014pubs/acs-25.pdf>.
  • Dellinger AM, Kresnow MJ. Bicycle helmet use among children in the United States: the effects of legislation, personal and household factors. J Safety Res 2010;41:375–80.
  • US Department of Transportation. 2009 National Household Travel Survey. Washington, DC: Federal Highway Administration; 2009. Available at <http://nhts.ornl.gov>.
  • Sivak M. Has motorization in the US peaked? Part 5: update through 2012. University of Michigan Transportation Research Institute Report no. UMTRI-2014–11. Available at <http://deepblue.lib.umich.edu/bitstream/handle/2027.42/106404/102994.pdf>.
  • CDC. Barriers to children walking and biking to school—United States, 1999. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2002;51:701–4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ