一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)成人の飲酒運転 ― アメリカ、2012年

MMWR抄訳

rss

2015/08/07Vol. 64 / No. 30

MMWR64(30):814-817
Alcohol-Impaired Driving Among Adults — United States, 2012

成人の飲酒運転 ― アメリカ、2012年

アメリカでは、全ての自動車事故死の約3分の1は飲酒運転に起因する。CDCは、18歳以上の成人を対象とした電話調査Behavioral Risk Factor Surveillance Systemの2012年のデータから、飲酒運転の実態を調査した。50州およびワシントンDCの成人計467,334名が回答し、回答者の1.8%が最近30日以内に飲酒運転をしたと報告した。この結果から、全国で成人420万人が最近30日以内に1回以上の飲酒運転をし、飲酒運転は年間で1億2,100万回、率にして人口1,000名あたり505回となることが推計された。飲酒運転をした人のうち、58%は最近30日以内に1回、23%は2回、17%は3~10回、0.8%は毎日1回以上と報告した。全飲酒運転の80%は男性によるものであり、21~34歳が32%を占めた。過量飲酒した人の運転が飲酒運転全体の85%を占め、また、成人の4%が月に4回以上過量飲酒し、その飲酒運転が全体の61%を占めた。シートベルトを時々装着する人の年間飲酒運転率(1,321回)は、いつも装着する人の飲酒運転率(398回)の3倍となった。年間飲酒運転率は州によって4倍以上の開きがあり、人口1,000人あたりユタ州で217回、ハワイ州で995回となった。国勢調査地域では、中西部地域で最も高く、人口1,000人当たり573回となった。飲酒運転を減らすために有効な方法として、公開飲酒検問、血中アルコール濃度0.08 g/dL法の施行、法定最低飲酒年齢の引き上げ、アルコール検知器連動イグニッションキーの飲酒運転有罪者への義務付けおよび酒税の引き上げなどが挙げられる。また、全乗員にシートベルト着用を義務付けるプライマリ・シートベルト法の全州での制定も飲酒運転事故による死亡の低減に有効と考える。

References

  • National Highway Traffic Safety Administration. Traffic safety facts 2012: a compilation of motor vehicle crash data from the Fatality Analysis Reporting System and the General Estimates System. Washington, DC: US Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration; 2014. Available at <http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/Pubs/812032.pdf>.
  • National Highway Traffic Safety Administration. Traffic safety facts 2013: alcohol-impaired driving. Washington, DC: US Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration; 2014. Available at <http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/Pubs/812102.pdf>.
  • The Guide to Community Preventive Services. Motor vehicle-related injury prevention: reducing alcohol-impaired driving. Available at <http://www.thecommunityguide.org/mvoi/AID/index.html>.
  • The Guide to Community Preventive Services. Preventing excessive alcohol consumption: increasing alcohol taxes. Available at <http://www.thecommunityguide.org/alcohol/increasingtaxes.html>.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC. Available at <http://www.cdc.gov/brfss/>.
  • CDC. Methodologic changes in the Behavioral Risk Factor Surveillance System in 2011 and potential effects on prevalence estimates. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:410–3.
  • Highway Loss Data Institute, Insurance Institute for Highway Safety. Safety belts. Arlington, VA: Insurance Institute for Highway Safety, Highway Loss Data Institute; 2015. Available at <http://www.iihs.org/iihs/topics/t/safety-belts/topicoverview>.
  • CDC. Vital signs: alcohol-impaired driving among adults—United States, 2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1351–6.
  • CDC. Behavioral Risk Factor Surveillance System. Prevalence and trends data: alcohol consumption 2013. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC. Available at <http://www.cdc.gov/brfss/brfssprevalence/index.html>.
  • Governors Highway Safety Association. Sobriety checkpoint laws. Washington, DC: Governors Highway Safety Association; 2015. Available at <http://www.ghsa.org/html/stateinfo/laws/checkpoint_laws.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ