一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)ミドルスクールおよびハイスクール生徒のための学校の・・・

MMWR抄訳

rss

2015/08/07Vol. 64 / No. 30

MMWR64(30):809-813
School Start Times for Middle School and High School Students — United States, 2011–12 School Year

ミドルスクールおよびハイスクール生徒のための学校の始業時間 ― アメリカ、2011~2012学年度

青少年の不十分な睡眠時間は、肥満、日中の身体活動の低下、うつ症状、飲酒や喫煙、違法薬物使用などの健康リスク行動や、学業不振と関連する。2014年、米国小児科学会はミドルスクールおよびハイスクールに通う生徒の適切な睡眠のため、学校の始業時間を8時30分以降とするよう勧奨した。CDCおよび教育省は、勧奨前の基準データとして、公立の従来校10,250校およびチャータースクール750校を対象に調査したSchools and Staffing Surveyの2011~2012学年度のデータから、学校の始業時間について分析した。72.5%が回答した結果から推計して、公立のミドルスクール、ハイスクール、一貫校の計39,700校(生徒数2,630万人に相当)の平均始業時間は8時03分であった。42の州が、州内の公立校の75~100%は8時30分より早く始業すると回答した。全体として、8時30分以降に始業する公立校は17.7%(生徒数420万人に相当)のみであり、その比率はハイスクールで低く(14.4%)、一貫校で高かった(23.4%)。8時30分以降に始業する公立校の比率は州ごとに異なり、ハワイ州、ミシシッピ州およびワイオミング州で0%、アラスカ州(76.8%)およびノースダコタ州(78.5%)では高かった。各州の平均始業時間は、アラスカ州8時33分、ノースダコタ州8時31分である一方、最も早いルイジアナ州では7時40分であり、29.9%の学校が7時30分より早く始業していた。Healthy People 2020では、8時間以上の十分な睡眠をとる青少年の比率を高めることを目標としているが、睡眠について初めて調査した2007年のYouth Risk Behavior Surveyでは、その率は31%に留まった。思春期の生体リズムの変化や、コンピュータやビデオゲーム、携帯などハイテク機器の存在が青少年の入眠を遅らせており、本人や保護者への教育が必要である。また、学校の始業時間は地域や学校の決定に任されており、始業時間を遅らせるには、地域住民や学校関係者の意識の変革が必要である。

References

  • Lowry R, Eaton DK, Foti K, McKnight-Eily L, Perry G, Galuska DA. Association of sleep duration with obesity among US high school students. J Obes 2012;2012:476914.
  • McKnight-Eily LR, Eaton DK, Lowry R, Croft JB, Presley-Cantrell L, Perry GS. Relationships between hours of sleep and health-risk behaviors in US adolescent students. Prev Med 2011;53:271–3.
  • Perez-Lloret S, Videla AJ, Richaudeau A, et al. A multi-step pathway connecting short sleep duration to daytime somnolence, reduced attention, and poor academic performance: an exploratory cross-sectional study in teenagers. J Clin Sleep Med 2013;9:469–73.
  • Basch CE, Basch CH, Ruggles KV, Rajan S. Prevalence of sleep duration on an average school night among 4 nationally representative successive samples of American high school students, 2007–2013. Prev Chronic Dis 2014;11:E216.
  • Adolescent Sleep Working Group; Committee on Adolescence; Council on School Health. School start times for adolescents. Pediatrics 2014;134:642–9.
  • Hirshkowitz M, Whiton K, Albert SM, et al. National Sleep Foundation’s sleep time duration recommendations: methodology and results summary. Sleep Health 2015;1:40–3.
  • Crowley SJ, Acebo C, Carskadon MA. Sleep, circadian rhythms, and delayed phase in adolescence. Sleep Med 2007;8:602–12.
  • Bartel KA, Gradisar M, Williamson P. Protective and risk factors for adolescent sleep: a meta-analytic review. Sleep Med Rev 2014;21:72–85.
  • Knutson KL, Lauderdale DS. Sociodemographic and behavioral predictors of bed time and wake time among US adolescents aged 15 to 17 years. J Pediatr 2009;154:426–30, 30 e1.
  • Fuligni AJ, Tsai KM, Krull JL, Gonzales NA. Daily concordance between parent and adolescent sleep habits. J Adolesc Health 2015;56:244–50.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ