一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)宿泊業および飲食サービス業従事者における現喫煙率 ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/07/31Vol. 64 / No. 29

MMWR64(29):797-801
Current Cigarette Smoking Among Workers in Accommodation and Food Services — United States, 2011–2013

宿泊業および飲食サービス業従事者における現喫煙率 ― アメリカ、2011~2013年

アメリカのHealthy People 2020では、成人における喫煙率の目標値を12%以下としている。ここ数十年で喫煙率は低下しているが、2004~2010年における18歳以上の就労者における喫煙率は19.6%であり、すべての業種のうち、宿泊業および飲食サービス業従事者の喫煙率が最も高い(30%)。今回、CDCは2011~2013年のNational Health Interview Surveyデータより、宿泊業および飲食サービス業従事者と、それ以外の就労者における喫煙率について分析した。調査対象は18歳以上の就労者(推定2億3,500万人)のうち約1億4,200万人(60.5%)、うち宿泊業および飲食サービス業従事者はおよそ930万人(6.6%)であった。就労者全体での喫煙率は17.8%であり、宿泊業および飲食サービス業従事者では25.9%と高く、年齢別では25~44歳(31.4%)、学歴別では高校卒業程度(GED取得者含む、32.1%)、年間の世帯収入35,000ドル未満(30.9%)にて高く、また、医療保険未加入者にて高かった(29.3%)。宿泊業および飲食サービス業従事者と他業種の現喫煙者と比較した場合、宿泊施設および飲食業従事者では、高校卒業程度(41.2% vs 36.0%)、連邦貧困水準以下の生活レベル(22.3% vs 11.6%)、就業期間5年未満(75.5% vs 58.3%)が多かった。また、職種別の喫煙率は、自動車運転/材料の運搬/その他配送(37.2%)、管理(32.6%)、食品調理管理(27.3%)、飲食給仕(27.0%)、料理/食品調理(26.5%)などにて高かった。以上、アメリカでは成人における喫煙率が依然として高く、とくに宿泊業および飲食サービス業従事者にて高いことが示された。

References

  • CDC. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General, 2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/exec-summary.pdf>.
  • US Department of Health and Human Services. Tobacco use objectives. Healthy People 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2015. Available at <https://www.healthypeople.gov/2020/topics-objectives/topic/tobacco-use/objectives>.
  • CDC. Current cigarette smoking prevalence among working adults—United States, 2004–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1305–9.
  • Ham DC, Przybeck T, Strickland JR, Luke DA, Bierut LJ, Evanoff BA. Occupation and workplace policies predict smoking behaviors: analysis of national data from the current population survey. J Occup Environ Med 2011;53:1337–45.
  • Task Force on Community Preventive Services. Recommendations for worksite-based interventions to improve workers’ health. Am J Prev Med 2010;38(Suppl):S232–6.
  • CDC. 2011 National Health Interview Survey (NHIS) public use data release: NHIS survey description. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <ftp://ftp.cdc.gov/pub/Health_Statistics/NCHS/Dataset_Documentation/NHIS/2011/srvydesc.pdf>.
  • Shopland DR, Anderson CM, Burns DM, Gerlach KK. Disparities in smoke-free workplace policies among food service workers. J Occup Environ Med 2004;46:347–56.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs—2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/index.htm>.
  • Caraballo RS, Giovino GA, Pechacek TF, Mowery PD. Factors associated with discrepancies between self-reports on cigarette smoking and measured serum cotinine levels among persons aged 17 years or older: Third National Health and Nutrition Examination Survey, 1988–1994. Am J Epidemiol 2001;153:807–14.
  • CDC. State smoke-free laws for worksites, restaurants, and bars—United States, 2000-2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:472–5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ