一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)飛行機に関係した野生地での消防士の死亡率 ― アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/07/31Vol. 64 / No. 29

MMWR64(29):793-796
Aviation-Related Wildland Firefighter Fatalities — United States, 2000–2013

飛行機に関係した野生地での消防士の死亡率 ― アメリカ、2000~2013年

航空機やヘリコプターは野生地(森林、雑木林、草地)火災の消火の際に重要な役割を果たし、機材や補給品の運搬、消防士の配備および輸送、状況の偵察および消火剤や水の散布などに利用される。これらの活動は低空にて行われ、危険を伴うものである。今回、CDCのNational Institute for Occupational Safety and Healthは、2000~2013年の野生地火災データから、これら飛行による消防士の死亡率およびそのリスク因子を分析した。この期間、野生地火災により死亡した消防士は298名(平均21名/年)であり、うち78名(26.2%)は飛行に関連する活動により死亡した。76名(97%)が男性であり、53名(68%)は運航乗員(操縦士、副操縦士、航空機関士など)であった。死亡した運航乗員の平均年齢は49歳(20~66歳)、運航乗員以外では平均33歳(19~54歳)であり、主に消防士が多かった。また、2000~2006年と2007~2013年において死亡した運航乗員はそれぞれ49名(年平均7名)、29名(同4名)であった。死亡者は航空会社(42名)、連邦政府(15名)、州政府機関(10名)、建設会社(7名)、軍(4名)の雇用者であり、25名(32%)がカルフォルニア州、8名がネバダ州、7名がアイダホ州にて死亡していた。78名の死亡は42機の航空機(うちヘリコプター:19機)が関係する41件で生じ、そのほとんどが航空機の墜落(38件、75名が死亡)であり、他に森林消防パラシュート降下にて2名、ヘリコプターからのロープ降下にて1名が死亡していた。墜落の原因は、エンジン、構造および部品の不具合(10)、操縦士によるコントロール不能(10件)、対地、対水、傷害物との距離の維持に失敗(8件)、悪天候(6件)などであった。以上、森林火災の消火に航空機を利用する場合は、整備および点検が重要であると思われる。

References

  • Brown TJ, Hall BL, Westerling AL. The impact of twenty-first century climate change on wildland fire danger in the western United States: an applications perspective. Climatic Change 2004;62:365–88.
  • Marlon JR, Bartlein PJ, Walsh MK, et al. Wildfire responses to abrupt climate change in North America. Proceedings of the National Academy of Sciences 2009;106:2519–24
  • US Department of Interior. Congressional testimony: statement of L. Hamilton, National Director, Office of Fire and Aviation Department of Interior, Bureau of Land Management, National Interagency Fire Center, before the Blue Ribbon Panel Report and Aerial Firefight Safety, Subcommittee on Public Lands and Forests, Energy and Natural Resources Committee, US Senate, March 26, 2002. Available at <http://www.fs.fed.us/sites/default/files/media/types/testimony/SENR_03-26-2003_Testimony.pdf>.
  • US Department of Agriculture, Forest Service. Fire and Aviation Management. Boise, ID: US Department of Agriculture, Forest Service; 2014. Available at <http://www.fs.fed.us/fire/aviation/>.
  • National Interagency Fire Center. Statistics. Boise, ID: National Interagency Fire Center; 2014. Available at <http://www.nifc.gov/fireInfo/fireInfo_statistics.html>.
  • National Interagency Fire Center. Federal firefighting costs (suppression only). Boise ID: National Interagency Fire Center; 2014. Available at <https://www.nifc.gov/fireInfo/fireInfo_documents/SuppCosts.pdf>.
  • Forest Service. Congressional testimony: statement of T. Tidwell, Chief, USDA Forest Service, before the Committee On Energy And Natural Resources U.S. Senate, June 4, 2013. Available at <http://www.energy.senate.gov/public/index.cfm/files/serve?File_id=e59df65c-09c6-4ffd-9a83-f61f2822a075>.
  • Blue Ribbon Panel. Federal aerial firefighting: assessing safety and effectiveness. Blue Ribbon Panel Report to the Chief, USDA Forest Service and Director, USDI Bureau of Land Management, 2002. Available at <http://www.wildlandfire.com/docs/2003_n_before/BRP_Final12052002-1.pdf>.
  • Artley DK. Wildland fire protection and response in the United States: the responsibilities, authorities, and roles of federal, state, local, and tribal government. Fairfax, VA: The International Association of Fire Chiefs; 2009. Available at <https://www.iafc.org/files/wild_MissionsProject.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ