一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)思春期13~17歳の全国、地域、州および特定地域に・・・

MMWR抄訳

rss

2015/07/31Vol. 64 / No. 29

MMWR64(29):784-792
National, Regional, State, and Selected Local Area Vaccination Coverage Among Adolescents Aged 13–17 Years — United States, 2014

思春期13~17歳の全国、地域、州および特定地域における予防接種率 ― アメリカ、2014年

Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)は11~12歳児に対し、百日咳、髄膜炎菌性疾患およびヒトパピローマウイルス(HPV)関連疾患を予防するワクチンの定期的接種を推奨している。CDCは今回、2014年のNational Immunization Survey-Teen (NIS-Teen)データより、思春期年齢(13~17歳)20,827名における破傷風・ジフテリア・非細胞性百日咳(Tdap)ワクチンおよび髄膜炎菌結合型(MenACWY)ワクチンの接種率について分析を行った。2014年におけるTdapワクチン(1回以上)およびMenACWYワクチン(1回以上)の接種率は87.6±0.9%、79.3±1.1%であり、ともに2013年(84.7±1.0%、76.6±1.1%)から増加しており、17歳のTdap 2回以上の接種率は28.5±2.8%であった。2014年のHPVワクチン(1回以上)接種率は女性:60.0±1.9%(2013年:56.7±1.9%)、男性:41.7±1.8%(2013年:33.6±1.8%)であり、HPVワクチン(3回完了)接種率は女性:69.3±2.5%(2013年:69.8%)、男性:57.8±3.0%(2013年:48.2±3.9%)と、HPVワクチン接種率は女性にて高く、TdapおよびMenACWYのワクチンについてはほぼ同等であった。連邦貧困水準を下回る世帯では、TdapおよびMenACWYのワクチン接種率は低く、HPVワクチン接種率は高かった。州別では、Tdapワクチン(1回以上)接種率は70.8%(アイダホ州/ミシシッピ州)~94.8%(コネチカット州)、MenACWYワクチン(1回以上)は46.0%(ミシシッピ州)~95.2%(ペンシルバニア州)、HPV(3回完了)は女性では56.9%(ワシントンDC)~20.1%(テネシー州)、男性では9.0%(アラバマ州)~42.9%(ロードアイランド州)であった。以上、思春期年齢における予防接種率はHPVワクチン接種率の伸びが小さく、今後に期待される。

References

  • Strikas RA, Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), ACIP Child/Adolescent Immunization Work Group. Advisory Committee on Immunization Practices recommended immunization schedules for persons aged 0 through 18 years—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:93–4.
  • Petrosky E, Bocchini JA Jr, Hariri S, et al. Use of 9-valent human papillomavirus (HPV) vaccine: updated HPV vaccination recommendations of the advisory committee on immunization practices. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:300–4.
  • Elam-Evans LD, Yankey D, Jeyarajah J, et al. National, regional, state, and selected local area vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:625–33.
  • National Institutes of Health. Uptake: urgency for action to prevent cancer. A report to the President of the United States from the President’s Cancer Panel. Bethesda, MD: National Institutes of Health; 2014. Available at <http://deainfo.nci.nih.gov/advisory/pcp/annualReports/HPV/PDF/PCP_Annual_Report_2012-2013.pdf>.
  • CDC. National and state vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:685–93.
  • CurtisCR. IncreasingHPVvaccinecoverageamongadolescents: activitiesandlessons learned from 2013 PPHF projects. Presented at the 2014 National Immunization Conference; September 29–30, 2014; Atlanta, GA. Available at <http://www.taskforce.org/2014-national-immunization-conference-presentations>.
  • Allison MA, Dunne EF, Markowitz LE, et al. HPV vaccination of boys in primary care practices. Acad Pediatr 2013;13:466–74.
  • Community Preventive Services Task Force. Guide to Community Preventive Services. Increasing appropriate vaccination. Available at <http://www.thecommunityguide.org/vaccines/index.html>.
  • Folaranmi T, Rubin L, Martin SW, Patel M, MacNeil JR. Use of serogroup B meningococcal vaccines in persons aged ≥10 years at increased risk for serogroup B meningococcal disease: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:608–12.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ