一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)成人における障害の有病率と障害のタイプ ― アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/07/31Vol. 64 / No. 29

MMWR64(29):777-783
Prevalence of Disability and Disability Type Among Adults — United States, 2013

成人における障害の有病率と障害のタイプ ― アメリカ、2013年

2013年初め、Behavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)に5つの質問が追加された。CDCは2013年のBRFSSを用いて、成人における障害(視覚、認知、運動、自己管理および自立生活)の有病率について分析した。2013年、国内50州およびワシントンDCにおける回答率は45.9%[29.0%(アラバマ州)~59.2%(ノースダコタ州)]であり、全体で22.2%(53,316,677名)が何らかの障害があると回答した。タイプ別では運動(13.0%)、認知(10.6%)が多く、自立生活(6.5%)、視覚(4.6%)、自己管理(3.6%)の順であった。有病率は州により異なり、全体では16.4%(ミネソタ州)~31.5%(アラバマ州)であり、視覚障害は2.7%(アイダホ州/ニューハンプシャー州)~8.1%(ミシシッピ州)、認知障害は6.9%(ノースダコタ州/サウスダコタ州)~16.8%(アーカンソー州)、運動障害は8.5%(ミネソタ州)~20.7%(ミシシッピ州)、自己管理障害は1.9%(ハワイ)~6.2%(ミシシッピ州)、自立生活障害は4.2%(ネブラスカ州/ユタ州)~10.8%(ミシシッピ州)であった。これらの有病率の高い州は南部に多く、低い州は中西部、西部に多かった。男女別ではいずれも女性にて高く(全体では女性:24.4%、男性:19.8%)、年齢別では認知障害と自己管理障害を除き、65歳以上の高齢者にて高かった。人種/民族別ではいずれも非ヒスパニック系黒人にて高く、年間の平均世帯収入が15,000ドル未満および高校卒業未満の学歴で高い有病率が認められた。以上、障害の有病率に関して、性別および人種/民族、学歴等による健康格差が認められ、これらの是正の必要性が示唆された。

References

  • CDC. State-specific prevalence of disability among adults—11 states and the District of Columbia, 1998. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2000;49:711–4.
  • Beckles GL, Truman BI. Education and Income—United States, 2009 and 2011. MMWR Surveill Summ 62(Suppl 3):9–19. Available at <http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/su6203a3.htm?s_cid=su6203a3_w>.
  • National Center for Health Statistics. Health, United States, 2014: with special feature on adults aged 55–64. Hyattsville, MD: National Center for Health Statistics, CDC; 2015. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/hus/hus14.pdf>.
  • Pharr JR, Bungum T. Health disparities experienced by people with disabilities in the United States: a Behavioral Risk Factor Surveillance System study. Glob J Health Sci 2012;4:99–108.
  • Brault MW. Americans with disabilities: 2010. Washington, DC: Census Bureau; 2012. Current Population Report P70–131. Available at <http://www.census.gov/prod/2012pubs/p70-131.pdf>.
  • Stewart DW, Adams CE, Cano MA, et al. Associations between health literacy and established predictors of smoking cessation. Am J Public Health 2013;103:e43–9.
  • Carroll DD, Courtney-Long EA, Stevens AC, et al. Vital signs: disability and physical activity—United States, 2009–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:407–13.
  • CDC. Prevalence and most common causes of disability among adults—United States, 2005. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2009;58:421–6.
  • Miller K, DeMaio TM. Report of cognitive research on proposed American Community Survey disability questions. Washington, DC: National Center for Health Statistics, CDC; Census Bureau; 2006. Survey Methodology Report #2006–6. Available at <https://www.census.gov/srd/papers/pdf/ssm2006-06.pdf>.
  • Anderson WL, Wiener JM, Finkelstein EA, Armour BS. Estimates of national health care expenditures associated with disability. 2011. J Disabil Policy Stud 2011;21:230–40.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ