一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)保険に加入する妊婦における百日咳およびインフルエン・・・

MMWR抄訳

rss

2015/07/17Vol. 64 / No. 27

MMWR64(27):746-750
Pertussis and Influenza Vaccination Among Insured Pregnant Women — Wisconsin, 2013–2014

保険に加入する妊婦における百日咳およびインフルエンザ予防接種 ― ウィスコンシン州、2013~2014年

2013年2月22日、Advisory Committee on Immunization Practicesは妊婦の予防接種に関する推奨を改正し、新生児の百日咳を予防するため、妊娠するたびに妊娠27~36週時の破傷風・ジフテリア・百日咳混合ワクチン(Tdap)の接種を推奨している。また2004年以降、母親および新生児のインフルエンザおよびその合併症を予防するため、インフルエンザワクチン接種を推奨している。今回、2013年の改正以降の妊婦のワクチン接種について、ウィスコンシン州にて2012年4月~2014年3月に出産した40,054名の女性(全体の約49%)のデータが分析された。年齢(中央値)は28歳、ミルウォーキー郡:21.2%、デーン郡:12.7%、その他の郡:66.2%、75.6%が産科医または婦人科医により出産、65.8%がMedicaidに加入していた。妊娠中にTdapの接種を受けた女性は14,033名(35.0%)であり、接種率は2013年1月:13.8%から2014年3月:51.0%に増加、出産の2~13週間前に接種を受けた女性は2013年1月:63.1%から2014年3月:90.9%に増加していた。また、インフルエンザワクチンは15,501名(38.7%)が受けていた。2013年11月~2014年3月に出産した12,089名ではTdap接種率:49.6%、インフルエンザワクチン接種率:49.4%であり、妊娠中に両方のワクチンが接種された女性は、2013年1月に出産した女性で9.3%、2013年11月~2014年3月では34.7%であった。出産時の年齢は11~19歳:6.5%、20~24歳:24.5%、25~29歳:31.2%、30~34歳:25.7%、35~39歳:10.2%、40~44歳:2.0%であった。

References

  • CDC. Updated recommendations for use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid, and acellular pertussis vaccine (Tdap) in pregnant women—Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:131–5.
  • CDC. Prevention and control of seasonal influenza: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices. MMWR Recomm Rep 2004;53(No. RR-6).
  • Dabrera G, Amirthalingam G, Andrews N, et al. A case-control study to estimate the effectiveness of maternal pertussis vaccination in protecting newborn infants in England and Wales, 2012-2013. Clin Infect Dis 2015;60:333–7.
  • Amirthalingam G, Andrews N, Campbell H, et al. Effectiveness of maternal pertussis vaccination in England: an observational study. Lancet 2014;384:1521–8.
  • CDC. Updated recommendations for use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid and acellular pertussis vaccine (Tdap) in pregnant women and persons who have or anticipate having close contact with an infant aged <12 months—Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1424–6.
  • Kharbanda EO, Vazquez-Benitez G, Lipkind H, et al. Receipt of pertussis vaccine during pregnancy across 7 Vaccine Safety Datalink sites. Prev Med 2014;67:316–9.
  • Housey M, Zhang F, Miller C, et al. Vaccination with tetanus, diphtheria, and acellular pertussis vaccine of pregnant women enrolled in Medicaid—Michigan, 2011–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:839–42.
  • Healy CM, Rench MA, Baker CJ. Importance of timing of maternal combined tetanus, diphtheria, and acellular pertussis (Tdap) immunization and protection of young infants. Clin Infect Dis 2013;56:539–44.
  • Goldfarb IT, Little S, Brown J, Riley LE. Use of the combined tetanus-diphtheria and pertussis vaccine during pregnancy. Am J Obstet Gynecol 2014;211:299.e1–5.
  • Ding H, Black CL, Ball S, et al. Influenza vaccination coverage among pregnant women—United States, 2013–14 influenza season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:816–21.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ