一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)成人におけるアテローム動脈硬化性心血管疾患の再発予・・・

MMWR抄訳

rss

2015/07/17Vol. 64 / No. 27

MMWR64(27):733-737
Use of Aspirin for Prevention of Recurrent Atherosclerotic Cardiovascular Disease Among Adults — 20 States and the District of Columbia, 2013

成人におけるアテローム動脈硬化性心血管疾患の再発予防のためのアスピリンの使用 ― 20州およびコロンビア特別区、2013年

アテローム動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)の既往のある患者では、心筋梗塞、虚血性発作および致死性冠動脈疾患のリスクを抑制するためアスピリンが投与される。今回、2013年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemデータより、アスピリンによる二次性ASCVD予防について分析した。対象は国内20州およびコロンビア特別区(ワシントンDC)の18歳以上の成人175,523名であり、うち21,682名(12.5%)に冠動脈疾患、脳卒中またはその両方に既往があり、社会人口統計学的データおよびASCVDリスク因子に関するデータのない3,698名(17.1%)を除外した17,984名(ワシントンDC:378名~フロリダ州:4,227名)のデータを分析した。アスピリンは70.8%が定期的に使用しており、その目的は心臓発作の予防:93.6%、脳卒中の予防:79.6%、その両方:76.2%であった。また、14.9%が疼痛緩和のため利用していると報告し、4.2%は疼痛緩和のみを目的に利用していた。アスピリンの利用率は男性:76.2%、女性:64.4%、年齢別では65歳以上:75.0%、18~64歳:65.9%、人種別では白人:73.6%、黒人:63.0%、ヒスパニック系:55.6%、その他:64.7%であり、ASCVDリスク因子が少なくとも2つ以上ある場合、利用率が高かった(リスク因子0:54.7%、1:63.4%、2:74.5%、3:76.1%、4:72.7%)。州別のアスピリン利用率は44.3%(ミズーリ州)~71.7%(ミシシッピ州)であった。

References

  • Baigent C, Blackwell L, Collins R, et al.; Antithrombotic Trialists’ (ATT) Collaboration. Aspirin in the primary and secondary prevention of vascular disease: collaborative meta-analysis of individual participant data from randomised trials. Lancet 2009;373:1849–60.
  • Smith SC Jr, Benjamin EJ, Bonow RO, et al.; World Heart Federation and the Preventive Cardiovascular Nurses Association. AHA/ACCF secondary prevention and risk reduction therapy for patients with coronary and other atherosclerotic vascular disease: 2011 update: a guideline from the American Heart Association and American College of Cardiology Foundation. Circulation 2011;124:2458–73.
  • Ritchey MD, Wall HK, Gillespie C, George MG, Jamal A. Million hearts: prevalence of leading cardiovascular disease risk factors—United States, 2005-2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:462–7.
  • Mozaffarian D, Benjamin EJ, Go AS, et al.; American Heart Association Statistics Committee and Stroke Statistics Subcommittee. Heart disease and stroke statistics—2015 update: a report from the American Heart Association. Circulation 2015;131:e29–322.
  • Klein RJ, Schoenborn CA. Age adjustment using the 2000 projected U.S. population. Healthy People statistical notes, no. 20. Hyattsville, Maryland: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2001.
  • Behavioral Risk Factor Surveillance System. 2013 summary data quality report. August 15, 2014. Available at <http://www.cdc.gov/brfss/annual_data/2013/pdf/2013_DQR.pdf>.
  • Frieden TR, Berwick DM. The “Million Hearts” initiative—preventing heart attacks and strokes. N Engl J Med 2011;365:e27.
  • Healthy People 2020. Heart disease and stroke. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020/topics-objectives/topic/heart-disease-and-stroke/objectives>.
  • Fang J, George MG, Gindi RM, et al. Use of low-dose aspirin as secondary prevention of atherosclerotic cardiovascular disease in US adults (from the National Health Interview Survey, 2012). Am J Cardiol 2015;115:895–900.
  • Ling G, Ovbiagele B. Oral antiplatelet therapy in the secondary prevention of atherothrombotic events. Am J Cardiovasc Drugs 2009;9:197–209.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ