一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)バイタルサイン:ヘロイン使用者における人口統計学的・・・

MMWR抄訳

rss

2015/07/10Vol. 64 / No. 26

MMWR64(26):719-725
Vital Signs: Demographic and Substance Use Trends Among Heroin Users — United States, 2002–2013

バイタルサイン:ヘロイン使用者における人口統計学的および物質使用の傾向 ― アメリカ、2002~2013年

2002~2013年の間に、アメリカでのヘロイン過剰摂取による人口10万人あたりの死亡率は0.7から2.7へと4倍近く上昇した。National Survey on Drug Use and Health (NSDUH)のデータでは、ヘロインの使用、乱用、依存は近年増加しており、2013年では推定51万7千人が1年以内のヘロイン乱用および依存を報告している。現在おけるヘロインの使用、乱用、依存傾向への理解を深め、予防努力に役立つ個人レベルでのリスクファクターを同定するために、FDAとCDCは2002~2013年に報告されたNSDUH およびNational Vital Statistics Systemのデータを分析した。人口統計学的および物質使用の特性によるグループ間のヘロイン使用の傾向は、2002年~2004年、2005年~2007年、2008年~2010年、2011年~2013年の期間に分けて比較した。さらに、ロジスティック回帰モデルを使用してヘロイン乱用または依存に関連する特性を同定した。12歳以上における人口1,000人あたりの年平均ヘロイン使用率は2011年~2013年では2.6で、2002年~2004年(1.6)および2005年~2007年(1.8)よりも有意に増加し、2002年~2004年に比べ62.5%増加した。ヘロイン使用者全体の96%は、同同期間に他の薬物も使用してことを報告しており、多くの使用者でその他の物質(アルコール、大麻、コカイン、オピオイド系鎮痛薬)に対する乱用または依存性の診断基準に合致した。ヘロイン関連薬物の過剰摂取による人口10万人あたりの死亡率は、2011年の1.4から2013年では2.7へ急速に増加し、長期的なヘロイン乱用または依存率と強力な正の相関関係にあった。2011年~2013年のデータを結合した多変量ロジスティック回帰モデルでは、1年間のヘロイン乱用または依存のオッズ比はコカインやオピオイド系鎮痛薬の乱用または依存者間で最も上昇し、男性、年齢18~25歳、非ヒスパニック系白人、大都市圏居住者、年間世帯所得20,000ドル未満、健康保険未加入またはMedicare受給者のグループでも上昇した。今後は人口統計学的に広範囲を対象とし、ヘロイン乱用または依存の主要なリスクファクターに着目した包括的な対応が必要である。特に、オピオイドの不適正な処方および使用の減少、エビデンスに基づいた物質乱用治療のためのアクセスおよび健康保険の改善、過剰投与の認識と対応トレーニングおよび治療のためのナロキソンの入手機会の拡大が求められている。

References

  • Hedegaard H, Chen LH, Warner M. Drug-poisoning deaths involving heroin: United States, 2000–2013. Hyattsville, MD: CDC, National Center for Health Statistics; 2015. NCHS data brief no. 190.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Results from the 2013 national survey on drug use and health: summary of national findings, Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2014. NSDUH Series H-48, HHS Publication No. (SMA) 14-4863.
  • Muhuri PK, Gfroerer JC, Davies MC. Associations of nonmedical pain reliever use and initiation of heroin use in the United States. Rockville, MD: Substance Abuse and Mental Health Services Administration, Center for Behavioral Health Statistics and Quality; 2013. Available at <http://www.samhsa.gov/data/sites/default/files/DR006/DR006/nonmedical-pain-reliever-use-2013.htm>.
  • Cicero TJ, Ellis MS, Surratt HL, Kurtz SP. The changing face of heroin use in the United States: a retrospective analysis of the past 50 years. JAMA Psychiatry 2014;71:821–6.
  • Jones CM. Heroin use and heroin use risk behaviors among nonmedical users of prescription opioid pain relievers—United States, 2002–2004 and 2008–2010. Drug Alcohol Depend 2013;132:95–100.
  • Rudd RA, Paulozzi LJ, Bauer MJ, et al. Increases in heroin overdose deaths—28 States, 2010 to 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:849–54.
  • Unick GJ, Rosenblum D, Mars S, Ciccarone D. Intertwined epidemics: national demographic trends in hospitalizations for heroin- and opioid-related overdoses, 1993-2009. PLoS One 2013;8:e54496.
  • American Psychiatric Association. The diagnostic and statistical manual of mental disorders, 4th ed. Washington, DC: American Psychiatric Association; 1994.
  • CDC. Wide-ranging online data for epidemiologic research (WONDER). Atlanta, GA: CDC, National Center for Health Statistics; 2014. Available at <http://wonder.cdc.gov>.
  • Warner M, Chen LH, Makuc DM. Increase in fatal poisonings involving opioid analgesics in the United States, 1999–2006. Hyattsville, MD: CDC, National Center for Health Statistics; 2009. NCHS data brief no. 22.
  • Jones CM, Mack KA, Paulozzi LJ. Pharmaceutical overdose deaths, United States, 2010. JAMA 2013;309:657–9.
  • Drug Enforcement Administration. National drug threat assessment summary 2014. Washington, DC: US Department of Justice, Drug Enforcement Administration; 2015. Pub. no. DEA-DCT-DIR-002–15.
  • Office of National Drug Control Policy. National drug control strategy: data supplement 2014. Washington, DC: Office of National Drug Control Policy Executive, Office of the President of the United States; 2014. Available at: <https://www.whitehouse.gov/sites/default/files/ondcp/policy-and-research/ndcs_data_supplement_2014.pdf>.
  • Warner M, Paulozzi LJ, Nolte KB, Davis GG, Nelson LS. State variation in certifying manner of death and drugs involved in drug intoxication deaths. Academic Forensic Pathology 2013;3:231–7.
  • Zibbell JE, Iqbal K, Patel RC, et al. Increases in hepatitis C virus infection related to injection drug use among persons aged ≤30 years—Kentucky, Tennessee, Virginia, and West Virginia, 2006–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:453–8.
  • Conrad C, Bradley HM, Broz D, et al. Community outbreak of HIV infection linked to injection drug use of oxymorphone—Indiana, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:443–4.
  • Jones CM, Campopiano M, Baldwin G, McCance-Katz E. National and state treatment need and capacity for opioid agonist medication-assisted treatment. Am J Public Health 2015. Available at <http://ajph.aphapublications.org/doi/pdf/10.2105/AJPH.2015.302664>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ