一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)不活化ポリオワクチンの導入と3価経口ポリオウイルス・・・

MMWR抄訳

rss

2015/07/03Vol. 64 / No. 25

MMWR64(25):699-702
Introduction of Inactivated Poliovirus Vaccine and Switch from Trivalent to Bivalent Oral Poliovirus Vaccine — Worldwide, 2013–2016

不活化ポリオワクチンの導入と3価経口ポリオウイルスワクチンから2価への切り替え ― 全世界、2013~2016年

1988年、World Health Assemblyはポリオ根絶を宣言し、野生型ポリオウイルス(WPV)の伝播はアフガニスタン、ナイジェリア、パキスタンの3カ国を除くすべての国において中断し、WPV2およびWPV3によるポリオ症例はそれぞれ1999年、2012年11月以降認められていない。これらは経口ポリオウイルスワクチン(OPV)の普及によるものであり、一般的に3価OPV(tOPV)が使用されるが、ワクチン由来のポリオウイルス(VDPV)の出現により、現在、3価の不活化ポリオウイルスワクチン(IPV)の導入およびtOPVから2価OPV(bOPV)への変更が検討されている。IPVは2015年6月24日の時点でWHOに加盟する90カ国にて使用されており、さらに2015年第2四半期、第3四半期、第4四半期、2016年第1四半期、第3四半期にそれぞれ102、32、41、22、1カ国がIPV導入を予定している。現在、OPVは全世界的にtOPVが使用されているが、循環VDPVによるポリオ症例は97%以上が2型VDPV(cVDPV2)によるものであり、また、2014年、cVDPV2によるアウトブレイクがナイジェリアおよびパキスタンにて発生し、2015年3月4日にナイジェリア、3月28日にパキスタンで採取された環境検体でも検出されていることから、WHOのStrategic Advisory Group of Experts (SAGE)は2016年4月を目標に、2型のポリオウイルス株を含まないbOPVへ変更するよう推奨している。bOPVは多くの国々ですでに認可されているが、まだ承認されていない国もあり、世界で同時にtOPVからbOPVへ変更するためにはWHO事前審査に基づきbOPVの使用を許可する必要がある。

References

  • Hagan JE, Wassilak SG, Craig AS, et al. Progress toward polio eradication—worldwide, 2014–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:527–31.
  • Kew OM, Cochi SL, Jafari HS, et al. Possible eradication of wild poliovirus type 3—worldwide, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1031–3.
  • Diop OM, Burns CC, Sutter RW, Wassilak SG, Kew OM. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, January 2014–March 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:640–6.
  • World Health Organization. World Health Assembly resolution: poliomyelitis. Geneva, Switzerland: World Health Organization, Sixty- Eighth World Health Assembly, May 26, 2015. Resolution no. WHA 68.3. Available at <http://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_files/WHA68/A68_R3-en.pdf>.
  • Global Polio Eradication Initiative. Polio eradication and endgame strategic plan 2013–2018. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2013. Available at <http://www.polioeradication.org/Portals/0/Document/Resources/StrategyWork/PEESP_EN_US.pdf>.
  • World Health Organization. Meeting of the Strategic Advisory Group of Experts on Immunization, April 2015: conclusions and recommendations. Wkly Epidemiol Rec 2015;90:261–78.
  • World Health Organization. Type 2 OPV withdrawal: update on readiness and preparations for the switch [background paper]. Geneva, Switzerland: World Health Organization, Global Polio Eradication Initiative, Strategic Advisory Group of Experts on Immunization Meeting, April 2015. Available at <http://www.who.int/immunization/sage/meetings/2015/april/4_Switch_Update_Background_Paper_April_SAGE_2015_22mar15HJREV.pdf?ua=1>.
  • Porter KA, Diop OM, Burns CC, Tangermann RH, Wassilak SG. Tracking progress toward polio eradication—worldwide, 2013–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:415–20.
  • Thompson KM, Duintjer Tebbens RJ. Modeling the dynamics of oral poliovirus vaccine cessation. J Infect Dis 2014;210(Suppl 1):S475–84.
  • Kopel E, Kaliner E, Grotto I. Lessons from a public health emergency—importation of wild poliovirus to Israel. N Engl J Med 2014;371:981–3.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ