一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)エボラコントロール活動の支援に配置されたアメリカ軍・・・

MMWR抄訳

rss

2015/07/03Vol. 64 / No. 25

MMWR64(25):690-694
Monitoring Exposure to Ebola and Health of U.S. Military Personnel Deployed in Support of Ebola Control Efforts — Liberia, October 25, 2014–February 27, 2015

エボラコントロール活動の支援に配置されたアメリカ軍人におけるエボラ曝露および健康のモニタリング ― リベリア、2014年10月25日~2015年2月27日

西アフリカでのエボラウイルス病(Ebola)のアウトブレイクに対応し、アメリカ政府はリベリア政府支援のため約2,500名の兵士を派遣し、Ebola治療施設(ETU)の設置、ETUスタッフの訓練、Ebolaの検査等に従事、支援を行った。Ebolaによる死亡者数はシエラレオネ、リベリア、ギニアにて2014年1月5日~2015年5月27日にて約11,000名に達している。アメリカ国防総省(DoD)は兵士をEbola被災国へ派遣するにあたり、標準的なスクリーニング法により兵士に対し1日2回のモニタリングを実施、体温が38℃以上の場合、何らかの曝露または心配な症状がある場合は、最寄のDoDの医療施設にて診察を受けることとし、軍の公衆衛生機関はこれらサーベイランスを監視、また、アメリカへ帰国する場合は、リベリアを出国する前21日間のデータを照合し、帰国後21日間のモニタリングが行われた。配置された兵士2,540名における全疾患の発病率は1.8%であり、胃腸症状(33%)、呼吸器症状(22%)、皮膚症状(20%)が多く認められた。発熱を32名に認めたが、Ebolaへの曝露または発症は認めなかった。リベリア到着から発熱までの期間は30日(14~50)日、全例が発熱後21日間のモニタリングを受けた。病人または病人の皮膚、血液、体液との接触の報告はなく、治療後、全例が回復した。また、アメリカへ帰国後のエボラウイルス感染例も認めていない。

References

  • CDC. 2014 Ebola outbreak in West Africa—case counts. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/outbreaks/2014-west-africa/case-counts.html>.
  • US Department of Defense. Memorandum for Under Secretary of Defense. Pre-deployment, deployment, and post-deployment training, screening, and monitoring guidance for Department of Defense personnel deployed to Ebola outbreak areas. Available at <http://health.mil/Policies/2014/10/31/Ebola-Screening>.
  • CDC. Interim U.S. guidance for monitoring and movement of persons with potential Ebola virus exposure (August 22, 2014). Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/monitoring-and-movement-of-persons-with-exposure.html>.
  • CDC. Interim U.S. guidance for monitoring and movement of persons with potential Ebola virus exposure (October 27, 2014). Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/monitoring-and-movement-of-persons-with-exposure.html>.
  • CDC. Interim U.S. guidance for monitoring and movement of persons with potential Ebola virus exposure (November 16, 2014). Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/monitoring-and-movement-of-persons-with-exposure.html>.
  • CDC. Interim U.S. guidance for monitoring and movement of persons with potential Ebola virus exposure (November 28, 2014). Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/monitoring-and-movement-of-persons-with-exposure.html>.
  • Brown CM, Aranas AE, Benenson GA, et al. Airport exit and entry screening for Ebola—August–November 10, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1163–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ