一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)エボラウイルス病への曝露リスクのある人のモニタリン・・・

MMWR抄訳

rss

2015/07/03Vol. 64 / No. 25

MMWR64(25):685-689
Monitoring of Persons with Risk for Exposure to Ebola Virus Disease — United States, November 3, 2014–March 8, 2015

エボラウイルス病への曝露リスクのある人のモニタリング ― アメリカ、2014年11月3日~2015年3月8日

2014年10月27日、CDCはエボラウイルス病(Ebola)への曝露の可能性がある人に対するモニタリングおよび移動に関するガイダンスを発表した。このガイダンスでは、曝露の可能性がある場合はそのリスクを分類し、21日間の潜伏期間中のモニタリングとリスクのある人に対しては移動制限をすることが推奨されている。2014年11月3日~2015年3月8日、60の管轄地域(50州、ニューヨーク市、ワシントンDC、アメリカ領サモア、北マリアナ諸島、グアム、プエルトリコ、ヴァージン諸島、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島、パラオ)において、10,344名がモニタリング対象となり、うち91.9%は低リスク旅行者、5.1%は国内にて患者の治療に従事した低リスク医療従事者(HCW)、3.0%は高リスクまたは何らかのリスクのある患者に分類された。この期間、週あたり1,710名(1,331~2,119)名がモニタリングの対象となり、低リスクHCWはアメリカで初めてEbolaの治療が行われた後、11月~12月上旬に96%がモニタリングを受けた。12月中旬および2月上旬、高リスクおよび何らかのリスクのある患者は、リベリアのモンロビアにてEbolaの治療にあたったアメリカ公衆衛生局職員の帰国に伴い、それぞれ240%、307%増加した。Ebolaの症状が報告された患者は週あたり20例(1.2%、9~43例)であり、低リスクまたは何らかのリスクがある患者では39例が検査を受け、全例が陰性であった。また、高リスク患者ではEbolaに合致する症状を呈した患者は認めなかった。モニタリングは99%以上が完了し、管轄地域別のモニタリング対象患者数はニューヨーク市にて最も多く、メリーランド州、ペンシルベニア州、ジョージア州、バージニア州と続き、これら5地域で半数以上(54%)を占めていた。以上、CDCがガイダンスを発表した後、7日以内に全ての管轄地域にてモニタリングが開始され、対象となった10,344名にEbolaと診断された患者は認めなかった。

References

  • CDC. Interim U.S. guidance for monitoring and movement of persons with potential Ebola virus exposure. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/monitoring-and-movement-of-persons-with-exposure.html>.
  • Brown CM, Aranas AE, Benenson GA, et al. Airport exit and entry screening for Ebola—August–November 10, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1163–7.
  • CDC. Ebola virus disease—signs and symptoms. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/symptoms/index.html>.
  • CDC. State Ebola protocols. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. Available at <http://www.cdc.gov/phlp/publications/topic/ebola.html>.
  • Cardile AP, Murray CK, Littell CT, et al. Monitoring exposure to Ebola and health of U.S. military personnel deployed in support of Ebola control efforts—Liberia, October 25, 2014–February 27, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:690-4.
  • CDC. Funding and guidance for state and local health departments. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. Available at <http://www.cdc.gov/phpr/coopagreement.htm>.
  • Karwowski MP, Meites E, Fullerton KE, et al. Clinical inquiries regarding Ebola virus disease received by CDC—United States, July 9–November 15, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1175–9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ