一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)レクリエーション用水に関連した疾患のアウトブレイク・・・

MMWR抄訳

rss

2015/06/26Vol. 64 / No. 24

MMWR64(24):668-672
Outbreaks of Illness Associated with Recreational Water — United States, 2011–2012

レクリエーション用水に関連した疾患のアウトブレイク ― アメリカ、2011~2012年

レクリエーション用水の利用に関連した疾患のアウトブレイクは、処理水(プール、浴槽、温泉など)または未処理の水域(湖、海など)中の化学物質または感染性病原体にさらされた結果として生じる。2011~2012年のデータによると、32の州およびプエルトリコの公衆衛生当局から90件のレクリエーション用水に関連した疾患のアウトブレイクがNational Outbreak Reporting Systemを介してCDCのWaterborne Disease and Outbreak Surveillance Systemに報告されていた。90件のアウトブレイクでは、少なくても1,788例が発症し、入院は95例、死亡は1例であった。施設の処理水でのアウトブレイクは69件(77%、症例数1,309例以上、入院73例、死亡1例)で、ホテル(ホテル、モーテル、ロッジ、旅館など)での発生が13件(19%)であった。これら13件中、12件はスパにも関連があった。処理水でのアウトブレイクのうち、36件(52%)はクリプトスポリジウムが原因であった。また、42件(61%)は夏季(6~8月)に始まり、このうち34件は急性胃腸疾患の兆候を示し、32件はクリプトスポリジウムが原因であった。クリプトスポリジウムのアウトブレイクは、アメリカにおいて最初に処理水で検出された1988年以降、毎年0~40件報告され年々増加している。未処理のレクリエーション水域でのアウトブレイクは21件(23%、症例数479例以上、入院22例)で、20件は淡水で、18件は6~8月に始まった。21件中7件はE. coli O157:H7またはO111が原因で、1件はシアノバクテリア毒素への曝露と関連した。親水施設に関連した疾患のアウトブレイクの予防およびコントロールのために、Model Aquatic Health Codeのようなガイダンスを国内のアウトブレイクおよび研究所(クリプトスポリジウムの分子タイピングなど)のデータにより最適化すべきである。

References

  • CDC. Surveillance for waterborne disease outbreaks and other health events associated with recreational water—United States, 2007–2008. MMWR Surveill Summ 2011;60(No. SS-12):1–32.
  • CDC. Epidemiologic notes and reports swimming-associated cryptosporidiosis—Los Angeles County. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 1990;39:343–5.
  • Sorvillo FJ, Fujioka K, Nahlen B, Tormey MP, Kebabjian R, Mascola L. Swimming-associated cryptosporidiosis. Am J Public Health 1992;82:742–4.
  • Shields JM, Hill VR, Arrowood MJ, Beach MJ. Inactivation of Cryptosporidium parvum under chlorinated recreational water conditions. J Water Health 2008;6:513–20.
  • White GC. Chlorination of potable water. In: Handbook of chlorination and alternative disinfectants 4th ed. New York, NY: John Wiley & Sons;1999: 331–536.
  • CDC. Recreational water–associated disease outbreaks—United States, 2009–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:6–10.
  • Blackburn BG, Mazurek JM, Hlavsa M, et al. Cryptosporidiosis associated with ozonated apple cider. Emerg Infect Dis 2006;12:684–6.
  • Valderrama AL, Hlavsa MC, Cronquist A, et al. Multiple risk factors associated with a large statewide increase in cryptosporidiosis. Epidemiol Infect 2009;137:1781–8.
  • Xiao L. Molecular epidemiology of cryptosporidiosis: an update. Exp Parasitol 2010;124:80–9.
  • Chalmers RM, Elwin K, Thomas AL, Guy EC, Mason B. Long-term Cryptosporidium typing reveals the aetiology and species-specific epidemiology of human cryptosporidiosis in England and Wales, 2000 to 2003. Euro Surveill 2009;14:1–9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ