一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)既診断および未診断のHIV感染率 ― アメリカ、2・・・

MMWR抄訳

rss

2015/06/26Vol. 64 / No. 24

MMWR64(24):657-662
Prevalence of Diagnosed and Undiagnosed HIV Infection — United States, 2008–2012

既診断および未診断のHIV感染率 ― アメリカ、2008~2012年

アメリカでは、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)伝播の原因の3分の1近くが自身の感染に気づかずにいる者によるものとされる。2011年、推計120万人のHIVとともに生きる人たちのうち、14%は診断を受けていなかった。National HIV/AIDS Strategy objectiveでは、HIV感染者のうち診断を受け陽性を自覚している者の割合を90%以上としている。未診断者による感染を減らすため、CDCはNational HIV Surveillance systemにおける50州およびワシントンDCのデータを解析した。2012年、データ数値が安定していた42自治体における既診断および未診断のHIV感染率は、10万人当たり110例(アイオワ州)~3,936例(ワシントンDC)であった。2012年末におけるHIV感染者の診断率は、ルイジアナ州で77%と低く、コロラド州、コネチカット州、デラウェア州、ハワイ州、ニューヨーク州の5州は90%以上の目標値を達成した。2008~2012年、36自治体におけるHIV感染率は5%以上上昇し、そのうち23自治体では有意な上昇が認められた。HIV感染者の診断率は、8自治体(アリゾナ州、アイオワ州、ニューメキシコ州、ネブラスカ州、ノースカロライナ州、ミシシッピ州、ロードアイランド州、ワシントンDC)で5%以上(数値的有意差なし)上昇した。男性間性交渉者(MSM)は、毎年、HIV新規診断者の約60%を占める。2012年、39自治体におけるMSMのHIV感染者数は1,600例(デラウェア州)~13万4,400例(カリフォルニア州)であり、その診断率はルイジアナ州で75%と低く、90%以上の目標値を達成したのはハワイおよびニューヨークの2州であった。CDCは思春期および成人に対し少なくとも1回、MSMや薬物使用者などハイリスク者には少なくとも毎年1回のHIV検査を推奨している。未診断者の割合は地域によって異なり、診断率の目標達成のためには地域の特性を考慮する必要があるだろう。

References

  • Skarbinski J, Rosenberg E, Paz-Bailey G, et al. Human immunodeficiency virus transmission at each step of the care continuum in the United States. JAMA Intern Med 2015;175:588–96.
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data—United States and 6 dependent areas, 2012. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/surveillance_report_vol_19_no_3.pdf>.
  • CDC. HIV prevention in the United States: expanding the impact. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/nchhstp/newsroom/HivFactSheets/Future/index.htm>.
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2010. Available at <https://www.aids.gov/federal-resources/national-hiv-aids-strategy/nhas.pdf>.
  • Siddiqi AE, Hu X, Hall HI. Mortality among blacks or African Americans with HIV infection—United States, 2008–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:81–6.
  • Bradley H, Hall HI, Wolitski RJ, et al. Vital signs: HIV diagnosis, care, and treatment among persons living with HIV—United States, 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1113–7.
  • Branson BM, Handsfield HH, Lampe MA, et al. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR Recomm Rep 2006;55(No. RR-14).
  • CDC. HIV testing trends in the United States, 2000–2011. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/testing_trends.pdf>.
  • Hall HI, Song R, Szwarcwald CL, Green T. Time from infection with the human immunodeficiency virus to diagnosis, United States. J Acquir Immune Defic Syndr 2015;69:248–51.
  • Joint United Nations Programme on HIV/AIDS. 90-90-90: an ambitious treatment target to help end the AIDS epidemic. Geneva, Switzerland: Joint United Nations Programme on HIV/AIDS; 2014. Available at <http://www.unaids.org/sites/default/files/media_asset/90-90-90_en_0.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ