一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)専門家でない人へのナロキソン提供によるオピオイド過・・・

MMWR抄訳

rss

2015/06/19Vol. 64 / No. 23

MMWR64(23):631-635
Opioid Overdose Prevention Programs Providing Naloxone to Laypersons — United States, 2014

専門家でない人へのナロキソン提供によるオピオイド過量投与防止プログラム ― アメリカ、2014年

アメリカでは薬物の過量投与による死亡例が1999年以降倍増しており、2013年には43,982例の死亡が報告されている。これらのうち、オピオイド鎮痛薬の処方による死亡例は16,235例(37%、オキシコドン、ヒドロコドンなど)、ヘロインによるものは8,257例(19%)であった。薬物使用者および家族や友人の薬物過量摂取を把握した場合、地域ベースの過量摂取予防プログラムとして、専門家ではない一般人に対し、ヘロインやオピオイドによる致死的な呼吸抑制を改善するオピオイド拮抗薬であるナロキソンのキットを配布し、使用法の練習が提供されている。今回、2014年7月、Harm Reduction Coalitionにより、ナロキソンのキットを配布した140の団体を対象とした調査が行われ、136団体(97.1%)が調査を完了した(地域ベースの団体:84、ヘルスケア施設:18、退役軍人保健局:10、州または地元の保健局:18、薬局:6)。1996年以降2014年6月までに、これら136団体にて152,283名の一般人に対しナロキソンキットの配布と使用法の練習が行われ、109団体にて26,463件の過量摂取に対するナロキソン投与が行われた。2013年は93団体にて37,920名に対してナロキソンが配布または処方され、68団体にて8,032件の過量摂取に対する改善が報告された。ナロキソンキットは薬物使用者(81.6%)、友人または家族(11.7%)、サービス提供者(3.3%)、不明(3.4%)に配布され、投与は薬物使用者(82.8%)、友人または家族(9.6%)、サービス提供者(0.2%)、不明(7.4%)により行われた。過剰摂取された薬物はヘロイン:81.6%、処方オピオイド:14.1%であった。2013年、90団体により処方されたナロキソンは140,053バイアル(レフィル含む)であり、69団体は静注ナロキソンのみ、51団体は経鼻ナロキソンのみ、16団体は静注用と経鼻用の両方を提供していた。以上、薬物過量摂取による呼吸抑制に対するナロキソンキットによる拮抗処置は、ヘロインやオピオイド過量摂取による死亡率を低下させることが示唆された。

References

  • Chen LH, Hedegaard H, Warner M. QuickStats: rates of deaths from drug poisoning and drug poisoning involving opioid analgesics—United States, 1999–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:32.
  • Hedegaard H, Chen LH, Warner M. Drug-poisoning deaths involving heroin: United States, 2000–2013. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2015. NCHS data brief no. 190. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db190.htm>.
  • Doyon S, Aks SE, Schaeffer S. Expanding access to naloxone in the United States. Clin Toxicol (Phila) 2014;52:989–92.
  • Walley A, Xuan Z, Hackman HH, et al. Opioid overdose rates and implementation of overdose education and nasal naloxone distribution in Massachusetts: interrupted time series analysis. BMJ 2013;346:1–12.
  • Wheeler E, Davidson PJ, Jones TS, Irwin KS. Community-based opioid overdose prevention programs providing naloxone—United States, 2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:101–5.
  • Coffin PO, Sullivan SD. Cost-effectiveness of distributing naloxone to heroin users for lay overdose reversal. Ann Intern Med 2013;158:1–9.
  • World Health Organization. Community management of opioid overdose. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Opioid overdose prevention toolkit. Rockville, MD: Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2014. Available at <http://store.samhsa.gov/product/Opioid-Overdose-Prevention-Toolkit-Updated-2014/SMA14-4742>.
  • Rowe C, Santos GM, Vittinghoff E, Wheeler E, Davidson P, Coffin PO. Predictors of participant engagement and naloxone utilization in a community-based naloxone distribution program. Addiction. In press 2015.
  • Goodman JD. Naloxone, a drug to stop heroin deaths, is more costly, the police say. New York Times. November 30, 2014. Available at <http://www.nytimes.com/2014/12/01/nyregion/prices-increase-for-antidote-to-heroin-overdoses-used-by-police.html?_r=0>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ