一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)ガス管破損および他の石油製品流出事故が健康へ及ぼす・・・

MMWR抄訳

rss

2015/06/12Vol. 64 / No. 22

MMWR64(22):601-605
Health Effects of Cut Gas Lines and Other Petroleum Product Release Incidents — Seven States, 2010–2012

ガス管破損および他の石油製品流出事故が健康へ及ぼす影響 ― 7州、2010~2012年

ガソリンや灯油、プロパンなど石油製品の流出は、皮膚や眼への刺激、めまい、頭痛、悪心等、健康に悪影響を及ぼし、死に至る場合もある。Agency for Toxic Substances and Disease Registryは、National Toxic Substance Incidents Program (NTSIP)のデータから、ガス爆発および石油流出を含む石油製品流出事故の原因と健康への影響を調査した。2010~2012年、NTSIPに参加した7州(ウィスコンシン州、オレゴン州、テネシー州、ニューヨーク州、ノースカロライナ州、ルイジアナ州、ユタ州)で発生した化学物質流出事故8,684件のうち1,369件(15.8%)が石油製品に関連し、そのうち259件(18.9%)で512名の負傷者が発生した。石油製品関連事故の多くは設備の不具合(51.7%)およびヒューマンエラー(40.2%)によるもので、他に天候(4.3%)、故意または不法行為(2.2%)、その他(1.6%)が原因であった。1,369件のうち1,170件(85.5%)が設備の修理中に発生した。発生は公共事業者(327件:23.9%)の設備が多く、その大多数(253件:77.4%)が天然ガスの配管に関連し、131件(40.1%)は請負業者、建設作業員または住民によるガス管の破損が原因であった。327件のうち14件(4.3%)で計27名の負傷者が発生した。公共事業者に次いで事故が多いのは、個人の自動車および住居(296件:21.6%)であり、105件(40.5%)で計236名の負傷者が発生、そのうち59名は爆発および/または火災により負傷した。石油および非石油製品関連事故の負傷者の多くは一般人であり、次いで従業員が多かった。石油製品関連事故では火傷(32.5%)および外傷(24.6%)が多く、非石油製品関連事故と比較し、負傷者の入院および死亡率が高かった。石油製品関連事故の多くは予防可能である。請負業者、建設作業員、住居の所有者または借家人は掘削作業の前に配管の破損によるガス漏れが健康や環境へ及ぼす影響を理解する必要があるだろう。

References

  • Frumkin H, Hess J, Vindigni S. Peak petroleum and public health. JAMA 2007;298:1688–90.
  • Agency for Toxic Substances and Disease Registry. Toxic substances portal: total petroleum hydrocarbons (TPH). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, Agency for Toxic Substances and Disease Registry; 2011. Available at <http://www.atsdr.cdc.gov/substances/toxsubstance.asp?toxid=75>.
  • Agency for Toxic Substances and Disease Registry. National Toxic Substance Incidents Program (NTSIP) training manual. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, Agency for Toxic Substances and Disease Registry; 2011.
  • US Government Publishing Office. Executive Agency Publications. Deep water: the gulf oil disaster and the future of offshore drilling —report to the president (BP Oil Spill Commission Report); 2011. Available at <http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/GPO-OILCOMMISSION/content-detail.html>.
  • Michigan Department of Community Health. Public health assessment: Kalamazoo River/Enbridge spill evaluation of people’s risk for health effects; 2012. Available at <http://www.epa.gov/enbridgespill/ar/enbridge-AR-0477.pdf>.
  • Barrager S, North W. Assessing and managing emerging risks. Geneva, Switzerland: International Risk Governance Council; 2010. Available at <http://www.irgc.org/IMG/pdf/background_paper_north_barrager2.pdf>.
  • Stanbury M, Hekman K, Wells E, Miller C, Smolinske S, Rutherford J. Acute health effects of the Enbridge oil spill. Lansing, MI: Michigan Department of Community Health; 2010. Available at <http://www.michigan.gov/documents/mdch/enbridge_oil_spill_epi_report_with_cover_11_22_10_339101_7.pdf>.
  • Common Ground Alliance. 811. Know what’s below. Call before you dig. Available at <http://www.call811.com/>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ