一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)B型肝炎のスクリーニングおよび定住難民における有病・・・

MMWR抄訳

rss

2015/06/05Vol. 64 / No. 21

MMWR64(21):570-573
Hepatitis B Screening and Prevalence Among Resettled Refugees — United States, 2006–2011

B型肝炎のスクリーニングおよび定住難民における有病率-アメリカ、2006~2011年

CDCはアメリカに定住する難民に対して出身国のB型肝炎表面抗原(HBsAg)の有病率が2%以上である場合、静注ドラッグ使用などのリスクがある場合、またはB型肝炎ウイルス(HBV)感染例との家庭内接触のある場合はHBVスクリーニング検査を受けるよう推奨している。現在、定期的なスクリーニング検査がほとんど全ての難民に対し行われているが、最近アメリカに定住した難民におけるHBV感染率は把握されておらず、今回、Minnesota Department of Health、State University of New York-Upstate Medical University (SUNY-Upstate)、Thomas Jefferson UniversityおよびYale-New Haven Hospitalの4カ所にて、2006~2011年、ブータン、ビルマおよびイラクからアメリカに定住した難民におけるHBV有病率について分析が行われた。HBVスクリーニング検査は計6,175名の難民[男性:51%、59%以上が18歳以上の成人、ビルマ:39%、イラク:13%、ブータン:10%、その他(エリトリア、エチオピア、ソマリア、旧ソ連圏):38%]を対象に実施され、現在および過去HBV感染例は全体で20.7%(男性:23.8%、女性:19.5%、18歳以上:28.6%、18歳未満:9.5%)であり、国別ではビルマ:36.0%、その他:15.0%、ブータン:5.7%、イラク:3.8%であった。また、現在の慢性/急性HBV感染率は全体で5.7%(男性:7.3%、女性:4.6%、18歳以上:7.3%、18歳未満:3.4%)であり、国別ではビルマ:9.4%、その他:5.0%、ブータン:0.9%、イラク:0.4%であった。以上、アメリカに定住した難民のHBV感染率は出身国により異なり、これらのデータが難民を対象としたスクリーニング検査やワクチン接種の実施計画に役立つものと思われる。

References

  • Te HS, Jensen DM. Epidemiology of hepatitis B and C viruses: a global overview. Clin Liver Dis 2010;14:1–21.
  • Rossi C, Shrier I, Marshall L, et al. Seroprevalence of chronic hepatitis B virus infection and prior immunity in immigrants and refugees: a systematic review and meta-analysis. PLoS One 2012;7:e44611.
  • World Health Organization. Global alert and response: hepatitis B. Geneva, Switzerland: World Health Organization, Department of Communicable Diseases Surveillance and Response; 2014 Available at <http://www.who.int/csr/disease/hepatitis/HepatitisB_whocdscsrlyo2002_2.pdf?ua=1>.
  • CDC. Screening for hepatitis during the domestic medical examination for newly arrived refugees. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/immigrantrefugeehealth/pdf/domestic-hepatitis-screening-guidelines.pdf>.
  • Zhou YH, Liu FL, Yao ZH, et al. Comparison of HIV-, HBV-, HCV-and co-infection prevalence between Chinese and Burmese intravenous drug users of the China-Myanmar border region. PLoS One 2011;6:e16349.
  • CDC. Health of resettled Iraqi refugees—San Diego County, California, October 2007–September 2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2010;59:1614–8.
  • CDC. Vitamin B12 deficiency in resettled Bhutanese refugees—United States, 2008–2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:343–6.
  • Benson J, Phillips C, Kay M, et al. Low vitamin B12 levels among newly-arrived refugees from Bhutan, Iran and Afghanistan: a multicentre Australian study. PLoS One 2013;8:e57998.
  • Kumar GS, Varma S, Saenger MS, Burleson M, Kohrt BA, Cantey P. Noninfectious disease among the Bhutanese refugee population at a United States urban clinic. J Immigr Minor Health 2014;16:922–5.
  • Yanni EA, Naoum M, Odeh N, Han P, Coleman M, Burke H. The health profile and chronic diseases comorbidities of US-bound Iraqi refugees screened by the International Organization for Migration in Jordan: 2007-2009. J Immigr Minor Health 2013;15:1–9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ