一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)子供に対する性的暴行の発生率と社会的サービスの利用・・・

MMWR抄訳

rss

2015/06/05Vol. 64 / No. 21

MMWR64(21):565-569
Prevalence of Sexual Violence Against Children and Use of Social Services — Seven Countries, 2007–2013

子供に対する性的暴行の発生率と社会的サービスの利用 ― 7カ国、2007~2013年

CDCは世界的官民パートナーシップ(Together for Girls)のメンバーとして、2007~2013年、カンボジア、ハイチ、ケニア、マラウイ、スワジランド、タンザニアおよびジンバブエの7カ国にて小児および13~24歳の若者を対象とした性的暴行に関する世帯調査を実施した(スワジランドは女性のみを対象)。女性(18歳未満)に対する性的暴行の発生率はスワジランド(37.6%)、ジンバブエ(32.5%)、男性に対する性的暴行の発生率はハイチ(21.2%)にて高く、ジンバブエでは男性に対する性的暴行の発生率は8.9%と低く、ハイチでは女性も25.7%と高値であった。カンボジアは男性、女性ともに低かった(それぞれ5.6%、4.4%)。小児期に性的暴行を受け、社会的サービス(医療機関、法的/機密機関、カウンセリング等)を利用した被害者は男女とも少数あり、国別ではスワジランド:24.0%(女性)、タンザニア:11.7%(女性)、4.9%(男性)、ハイチ:10.0%(女性)、6.6%(男性)、マラウイ:9.6%(女性)、5.9%(男性)、ケニア:6.8%(女性)、2.1%(男性)、ジンバブエ:2.7%(女性)、2.4%(男性)であった(カンボジア:データなし)。また、完全性行為の強要は女性が多く受けており、発生率はスワジランド:17.5%、ジンバブエ:13.5%、ケニア:11.8%、ハイチ:9.0%であった。以上、小児期の性的暴行により女性は25%、男性は10%以上が被害を受けており、また、50%以上の国で10%以上の女性が完全性行為を強要されていたが、暴行を受けた後、社会的サービスを利用する被害者は少なかった。今後、政府および市民社会活動の支援を受け、パートナーシップによりこれらの暴行を抑止し、被害者の支援サービスを向上していく必要性が示唆された。

References

  • Jewkes R, Sen P, Garcia-Moreno C. Sexual violence [Chapter 6]. In: Krug EG, Dahlberg LL, Mercy JA, Zwi AB, Lozano R, eds. World report on violence and health. Geneva, Switzerland: World Health Organization;2002:147–82.
  • Felitti VJ, Anda RF, Nordenberg D, et al. Relationship of childhood abuse and household dysfunction to many of the leading causes of death in adults. The Adverse Childhood Experiences (ACE) Study. Am J Prev Med 1998;14:245–58.
  • Brown DW, Riley L, Butchart A, Meddings DR, Kann L, Harvey AP. Exposure to physical and sexual violence and adverse health behaviours in African children: results from the Global School-based Student Health Survey. Bull World Health Organ 2009;87:447–55.
  • Jewkes R, Fulu E, Roselli T, Garcia-Moreno C. Prevalence of and factors associated with non-partner rape perpetration: findings from the UN Multi-country Cross-sectional Study on Men and Violence in Asia and the Pacific. Lancet Glob Health 2013;1:e208–18.
  • Mimiaga MJ, Noonan E, Donnell D, et al. Childhood sexual abuse is highly associated with HIV risk-taking behavior and infection among MSM in the EXPLORE Study. J Acquir Immune Defic Syndr 2009;51:340–8.
  • Beaglehole R, Ebrahim S, Reddy S, Voûte J, Leeder S; Chronic Disease Action Group. Prevention of chronic diseases: a call to action. Lancet 2007;370:2152–7.
  • Noll JG, Zeller MH, Trickett PK, Putnam FW. Obesity risk for female victims of childhood sexual abuse: a prospective study. Pediatrics 2007;120:e61–7.
  • DeGue S, Valle LA, Holt MK, Massetti GM, Matjasko JL, Tharp AT. A systematic review of primary prevention strategies for sexual violence perpetration. Aggress Violent Behav 2014;19:346–62.
  • Bass JK, Annan J, McIvor Murray S, et al. Controlled trial of psychotherapy for Congolese survivors of sexual violence. N Engl J Med 2013;368:2182–91.
  • Together for Girls. Technical Action Framework. Together for Girls. 2011. Available at <http://www.togetherforgirls.org/wp-content/uploads/Together-for-Girls-Technical-Framework.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ